島津忠仍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
島津忠仍
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正2年(1574年
死没 元和7年5月29日1621年7月18日
改名 鎌徳丸(幼名)、又八郎、源七郎(通称
別名 東郷重虎→島津忠直→忠仍
戒名 然叟清廓居士
主君 島津義弘島津家久(忠恒)
氏族 島津氏東郷氏→島津氏
父母 父:島津家久、母:樺山善久女、
義父:東郷重尚
兄弟 豊久忠仍、女(禰寝重張室)、
女(佐多久慶室)、
女(島津久信室、相良頼安室)
上井覚兼の娘、日高氏の娘
娘(喜入忠栄室)、忠昌東郷重経
東郷重頼
養子:忠栄

島津 忠仍 (しまづ ただなお)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将薩摩国島津氏庶流。始め東郷氏のちに島津氏に復姓。

生涯[編集]

島津貴久の四男・家久の次男として誕生したが、天正5年(1577年2月3日東郷重尚の養子となり東郷重虎と称した。

天正8年(1580年)の水俣出陣の際、僅か7歳で実父・家久に付いて出陣している。天正15年(1587年)、豊臣秀吉九州征伐に乗り出し、高城が落城すると忠仍は島津領に退去する。ただしこの時、義父・重尚がこの前後に病没しており、忠仍もまだ少年であったため、忠仍は父の領地である日向国佐土原に戻り、自領には家臣らのみで籠城している。

文禄元年(1592年)、実兄の島津豊久に従い文禄・慶長の役に従軍し朝鮮に渡海、その際に島津義弘の命により東郷から島津に復姓、名を島津忠直と改めた(忠仍表記とした年代は不明)。しかし陣中で発病した為に佐土原に戻った。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで兄の豊久が戦死すると、豊久に嫡子が無かったため慶長9年(1604年)忠仍にその遺領を継ぐよう命が下るが、病身を理由に自身の娘婿に喜入忠続の子・忠栄を迎えてこれを継がせ、自らは知行1,000石で大隅国三躰堂村に隠棲した。

元和7年(1621年)に病死した。自らの跡目は嫡男の忠昌が継いだが、寛永9年(1632年)に島津姓を辞退する旨を上申し、翌年に受理されたため東郷に復姓した(東郷昌重と称する)。更に忠昌は樺山久尚の養子となったため(樺山久広と称する)、次男の重経が跡目を継いだ。重経と忠仍の三男の重頼兄弟も東郷姓に復し、重頼の子である源四郎忠辰は本城氏を名乗った。

参考文献[編集]

  • 本藩人物誌』 鹿児島県史料集(13)(鹿児島県史料刊行委員会)
  • 稲葉行雄 『「さつま」歴史人名集』(高城書房出版)ISBN 4-924752-28-2