島津常盤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

島津 常盤(しまづ ときわ、文明4年(1472年[1] - 大永5年10月10日1525年10月26日))は、戦国時代の女性。新納是久の娘、島津善久の妻。日向国志布志の生まれ。

生涯[編集]

新納氏4代当主新納忠治の三男・新納是久の娘として生まれる。

伊作島津家第9代当主・島津善久に嫁ぎ、一男菊三郎(島津忠良)ほか二女をもうける。しかし、父・新納是久が舅・島津久逸方となり飫肥川原合戦で戦死し、夫・善久が家来に撲殺され、続いて舅の久逸も加世田の合戦で戦死、伊作は当主他有力者のほとんどを喪い、一時的に常盤が当主代行的な立場を担った。その後、常盤に惚れ込んだ田布施の領主島津運久相州家)の求婚を受け、菊三郎を伊作・相州両家の家督を継ぐ養嗣子として迎え入れることを条件に再婚する。息子・菊三郎(忠良)に伊作海蔵院の頼増と自分の甥にあたる新納忠澄を志布志より呼びよせた。

法名は「梅窓妙芳大姉西福寺殿」。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 朝日日本歴史人物事典

外部リンク[編集]