島津久雄 (永吉島津家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津 久雄
時代 江戸時代前期
生誕 元和8年8月10日1622年9月15日
死没 寛文7年7月12日1667年8月31日
改名 福寿丸(幼名)→久良(初名)→久雄
別名 久惟、安芸守(通称
戒名 松屋日山大居士
主君 島津家久光久
薩摩藩吉利郷私領主
氏族 島津氏禰寝氏→永吉島津家
父母 父:島津家久、母:相良長泰の娘
養父:禰寝重政島津忠栄
兄弟 光久忠朗北郷久直忠広町田忠尚忠紀禰寝重永久雄鎌田政勝伊集院久国忠心伊勢貞昭樺山久尚北郷翁久室、島津久慶室、種子島忠時室、島津久章室、島津久頼室、肝付兼屋室、島津久茂室、入来院重頼
久輝久矩

島津 久雄(しまづ ひさたか)は、江戸時代前期の薩摩藩士。吉利郷私領主の禰寝家当主、後に永吉島津家当主。

生涯[編集]

元和8年(1622年)、藩主島津家久の九男として生まれる。寛永4年(1627年)禰寝重政の遺跡を相続。寛永11年(1634年)6月、家久の命で禰寝家を離籍して、永吉家の家督を相続する。禰寝家の家督は八兄の重永が相続した。寛文7年(1667年)死去、享年46。