島津久逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
島津久逸
時代 戦国時代
生誕 嘉吉元年(1441年
死没 明応9年11月11日1500年12月2日
別名 伊作久逸
氏族 島津氏島津伊作家
父母 父:島津忠国、養父:島津教久
兄弟 友久立久久逸勝久忠経守棟忠弘頼久伊集院煕久
養兄弟:犬安丸
善久

島津 久逸(しまづ ひさやす)は、戦国時代武将薩摩国島津氏の分家・伊作家8代当主。

生涯[編集]

嘉吉元年(1441年)、島津氏第9代当主・島津忠国の三男として誕生。

長禄2年(1458年)、伊作家7代当主・犬安丸が幼くして急死したため、伊作家の養子に入り跡を継いだ。この伊作家は、鎌倉時代の早い時期に分家し本家とは遠い関係にあったため、一族ながら家臣格の家柄であった。

文明5年(1473年)、薩摩守護である島津氏10代当主・島津立久の命で日向国櫛間にて伊東氏に備えていた。ところが、対立する有力分家の新納氏は、立久の死後、本家を継いだ11代当主・忠昌に久逸を伊作へ還すように願い出て、忠昌はこれを聞き入れた。これに久逸は反発し、日向の伊東氏豊後国大友氏に助力を請い、新納氏の飫肥城を攻撃、忠昌に叛旗を翻した。久逸ら連合軍は、忠昌の居城・鹿児島清水城に迫り、忠昌は妻子を伊集院一宇治城に避難させるまでになった。しかし、文明16年(1484年)、忠昌は分家である相州家島津友久薩州家島津国久ら近い島津一族を率いて伊作家の討伐に出陣する。末吉で敗れた久逸は櫛間に退却、同年降伏し、伊作へ戻ることとなった。

その後、明応3年(1494年)に嫡子・善久が下男により殺害されるという事件が起こった。久逸自身も薩州家の内紛に巻き込まれ、明応9年(1500年)に薩州家の島津忠興に攻められ戦死した。享年60。