島津久武 (旗本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島津 久武(しまづ ひさたけ、寛文7年(1667年) - 正徳3年9月1日1713年10月19日))は、江戸時代前期の旗本島津久富の子。佐土原藩主で後に旗本寄合席となった島津久寿の弟で養子。幼名は長菊丸、通称は又十郎。妻は大岡忠高の娘。子に島津長次郎

父・島津久富は佐土原藩第2代藩主島津忠興の次男であった。兄で佐土原藩第5代藩主(番代)を勤めた後に旗本寄合席となった島津久寿の養子となる。元禄10年(1697年)、一族の第6代藩主島津惟久の長男の堯麟坊(久睦)を養子とした。正徳3年(1713年)に死去した。享年46。