島根県道51号出雲奥出雲線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
島根県道51号標識
島根県道51号 出雲奥出雲線
主要地方道 出雲仁多線
起点 出雲市朝山町【地図
主な
経由都市
雲南市
終点 島根県仁多郡奥出雲町河内【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0184.svg 国道184号
Japanese National Route Sign 0054.svg 国道54号
Japanese National Route Sign 0314.svg 国道314号
Japanese National Route Sign 0432.svg 国道432号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

島根県道51号出雲奥出雲線(しまねけんどう51ごう いずもおくいずもせん)は、島根県出雲市朝山町と仁多郡奥出雲町河内を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:出雲市朝山町(朝山町交差点、国道184号交点)
  • 終点:島根県仁多郡奥出雲町河内(国道432号交点)
  • 通行不能区間:雲南市吉田町深野 - 雲南市吉田町川手間

歴史[編集]

  • 1958年6月13日 - 島根県告示第525号により一般県道として認定される。
  • 1972年 - 県道番号再編(固定番号設定)により島根県道158号出雲仁多線になる。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道出雲仁多線が出雲仁多線として主要地方道に再指定される[1]
  • 1994年 - 県道番号変更により島根県道51号出雲仁多線になる。
  • 2004年11月1日 飯石郡掛合〔かけや〕・三刀屋〔みとや〕両町および吉田村大原郡の全3町(加茂木次〔きすき〕・大東各町)が対等合併して雲南市が成立する。
  • 2005年3月31日 仁多郡の全2町(仁多横田両町)が対等合併して仁多郡奥出雲町が成立したことに伴い終点の地名表記が変更される(仁多郡仁多町河内→仁多郡奥出雲町河内)。
  • 2006年3月31日 島根県告示第363号により現行の路線名称に変更される。

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]