島根県立看護短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島根県立看護短期大学
大学設置 1995年
廃止 2009年
学校種別 公立
設置者 島根県
本部所在地 島根県出雲市西林木町151番地
学部 看護学科 
研究科 地域看護学専攻
助産学専攻
テンプレートを表示

島根県立看護短期大学(しまねけんりつかんごたんきだいがく、英語: Shimane Nursing College)は、島根県出雲市西林木町151番地に本部を置いていた日本公立大学である。1995年に設置され、2009年に廃止された。大学の略称は看短。学生募集は2006年度まで、2007年度より島根県立島根女子短期大学との統合により島根県立大学短期大学部となり、看護短期大学は2009年廃止[1]

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 島根県立看護短期大学は、島根県出雲市内にある日本公立短期大学1995年に設置された。看護学科が設置されている。2007年度より、島根県立島根女子短期大学との統合で島根県立大学短期大学部(出雲キャンパス)となっている。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 島根県立看護短期大学における建学の理念は「人間愛・看護職の責務の探求・開かれた大学」となっている。

教育および研究[編集]

  • 島根県立看護短期大学には看護学科が設置されており、自らの判断で行動できる主体性やリーダーシップをもった看護師を養成することがねらいとされてきている。看護に関する専門科目のほか、一般教育科目として「島根の自然、風土、歴史」・「環日本海諸国の歴史」など他の看護系短大・大学には類のないユニークな科目もある。

学風および特色[編集]

  • 島根県立看護短期大学における教育の目的は「幅広い教養」・「看護ニーズに対応」・「高齢者看護」となっている。
  • 地域における人々の健康や福祉の向上を寄与するため、専門職として多様で深い知識・確かな技術・的確な判断力さらに豊かな人間性を身につけるべく質の高い教育を行うことが必要と判断されたことにより設置された[2]

沿革[編集]

  • 1951年 島根県立看護学院設立(2年課程)
  • 1953年 島根県立高等看護学院に昇格(3年課程)
  • 1954年 島根県立保健婦専門学院設立(昭和59年3月31日廃止)
  • 1957年 島根県立中央病院附属高等看護学院に名称変更
  • 1967年 島根県立高等看護学院に名称変更
  • 1974年 島根県立出雲高等看護学院に名称変更
  • 1982年 島根県立総合看護学院に名称変更(助産学科新設)
  • 1984年 島根県立保健婦専門学院を吸収し、設置学科を保健学科、助産学科、看護学科とする。
  • 1995年 島根県立看護短期大学開学。看護学科を置く:在学者数は83人(うち男子5人)[3]
  • 1998年 専攻科設置。島根県立高等看護学院廃止。
  • 2006年 独自の短期大学としての募集が最後となる。
  • 2007年 島根県立島根女子短期大学と合併して島根県立大学短期大学部となる。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 島根県出雲市西林木町151番地

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 看護学科

専攻科[編集]

  • 地域看護学専攻
  • 助産学専攻

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 島根県立看護短期大学の学園祭は、「つわぶき祭」と呼ばれ2008年度で14回目となっている。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパス内には「あかね雲」と呼ばれるモニュメントがある。これは、「優しさと思いやり」のシンボルとされている。

[編集]

  • 島根県立看護短期大学の寮は、学内の円筒型の建物となっている。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 地域社会への貢献として、公開講座が実施されている。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 専攻科を除き、看護学科も2011年度の募集が最後となった。
  2. ^ 『島根県立看護短期大学』入学案内冊子より
  3. ^ 平成8年度版『全国学校総覧』58頁より

関連サイト[編集]