島根県立大東高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
島根県立大東高等学校
Shimane prefectural Daito high school.jpg
過去の名称 大原郡立大東農業学校
島根県立大東農学校
島根県立大東実業女学校
島根県立大東高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 島根県の旗 島根県
校訓 誠実・勤勉・高邁
設立年月日 1919年(大正8年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 32107K
所在地 699-1251
島根県雲南市大東町大東637

北緯35度19分41.6秒 東経132度58分5.9秒 / 北緯35.328222度 東経132.968306度 / 35.328222; 132.968306座標: 北緯35度19分41.6秒 東経132度58分5.9秒 / 北緯35.328222度 東経132.968306度 / 35.328222; 132.968306
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

島根県立大東高等学校(しまねけんりつだいとうこうとうがっこう, Shimane Prefectural Daito High School)は、島根県雲南市大東町に所在する公立高等学校

概要[編集]

歴史
1919年大正8年)に開校した「島根県大原郡立農業学校」を前身とする。高等実業女学校・高等女学校を経て1948年昭和23年)の学制改革で新制高等学校「島根県立大東高等学校」となった。2009年平成21年)に創立90周年を迎えた。
設置課程・学科
全日制課程 普通科
校訓
誠実・勤勉・高邁」
校章
新制高校が発足した1948年(昭和23年)に当時の国語科教諭・萬波教(校歌の作詞も同じ人物)によって制定された。3本のペン先の絵を組み合わせたものを背景にして、中央に「高」の文字(旧字体)を置いている。
校歌
作詞は萬波教(校章の制定者と同じ)、作曲は高見俊雄による。歌詞は4番まであり、校名は歌詞に登場しない。
同窓会
「八雲会」(やくもかい)と称している。旧制の農業学校(農学校)・高等実業女学校・高等女学校の同窓会も兼ねており、県外では関東・関西・広島に、県内では松江などに支部を置く。

沿革[編集]

農業学校・高等女学校時代
  • 1919年(大正8年)
    • 4月19日 - 「島根県大原郡立農業学校」(修業年限2年)の設立が認可される。初代校長は矢田鶴之助。
    • 4月25日 - 第1回入学式を挙行。第1回入学者数は44名。
    • 8月22日 - 開校式を挙行。
  • 1923年(大正12年)4月1日 - 県立移管により、「島根県立大東農学校」(修業年限2年)と改称。校舎(本館等)を改築。
  • 1929年昭和4年)4月1日 - 組織改編の上、「島根県立大東高等実業女学校」(修業年限4年)が設置される。1学年の定員を50名とする。
    • 大東農学校は生徒募集を停止し、1928年(昭和3年)入学生が卒業するまで存続。
  • 1930年(昭和5年)
    • 3月31日 - 島根県立大東農学校が廃止される。
    • 11月5日 - 校舎の増改築が完了し、講堂等が完成。
  • 1937年(昭和12年)3月14日 - 木造平屋建ての寄宿舎が完成。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 組織改編の上、「島根県立大東高等女学校」(修業年限4年)に改称。定員を400名とする。
  • 1945年(昭和20年)4月29日 - 校舎を増築。
  • 1946年(昭和21年)4月1日 - 専攻科(修業年限1年)を併設。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施、新制中学校の発足)
    • 高等女学校の生徒募集を停止(1年生不在)。
    • 新制中学校を併設し(名称:島根県立大東高等女学校併設中学校、以下・併設中学校)、高等女学校1・2年修了者を新制中学校2・3年生として収容。
    • 併設中学校はあくまで経過措置として暫定的に設置されたため、新たに生徒募集は行われず(1年生不在)、在校生が2・3年生のみの中学校であった。
    • 高等女学校3年修了者はそのまま高等女学校4年生となり、高等女学校4年修了者は卒業もしくは専攻科に進学する。
新制・高等女学校
  • 1948年(昭和23年)
    • 4月1日 - 学制改革(六・三・三制の実施、新制高等学校の発足)
      • 高等女学校が廃止され、新制高等学校「島根県立大東高等学校」(女子校)が発足。修業年限を3年、1学年あたりの定員を100名とする。
        • 高等女学校専攻科修了者(5年修了者)を新制高校3年生、高等女学校卒業生(4年修了者)を新制高校2年生として収容。
        • 併設中学校卒業生(3年修了者)を新制高校1年生として収容。
        • 併設中学校は新制高校に継承され(名称:島根県立大東高等学校併設中学校)、在校生が1946年(昭和21年)に高等女学校へ最後に入学した3年生のみとなる。
    • 5月22日 - 新制高校の開校式を挙行。
    • 10月1日 - 定時制課程普通科を併設。修業年限4年・1学年あたりの定員を50名とする。
    • 11月21日 - 定時制高校の開始式を挙行。
  • 1949年(昭和24年)
    • 3月31日 - 併設中学校を廃止(旧制4・5年から新制3年への修業年限の移行が完了)。
    • 4月1日 - 高校三原則に基づき、島根県内の公立高校再編が行われ、男女共学を開始。
    • 4月27日 - PTAが発足。
    • 4月30日 - 運動場を拡張。
  • 1950年(昭和25年)
  • 1952年(昭和27年)7月19日 - 体育館が完成。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 全日制課程に家庭科を併設。
  • 1954年(昭和29年)10月31日 - 体育館を増築。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 全日制課程家庭科の募集を停止し、普通科の学級を増設。
  • 1958年(昭和33年)
    • 3月31日 - 全日制課程家庭科を廃止。
    • 4月1日 - 定時制課程の募集を停止し、全日制普通科の学級を増設。
  • 1961年(昭和36年)3月31日 - 定時制課程を廃止。
  • 1962年(昭和37年)8月28日 - 球技場が完成。
  • 1968年(昭和43年)3月28日 - 鉄筋コンクリート造4階建ての校舎が完成。
  • 1969年(昭和44年)4月4日 - 鉄筋コンクリート造2階建ての管理棟(東半分)が完成。
  • 1970年(昭和45年)4月3日 - 鉄筋コンクリート造2階建ての管理棟(西半分)が完成。
  • 1971年(昭和46年)2月25日 - 体育館が完成。
  • 1972年(昭和47年)3月31日 - 本館3階増築が完成。
  • 1974年(昭和49年)9月20日 - 運動場を拡張。部室1棟(4部屋)を新築。
  • 1977年(昭和52年)1月28日 - 旧寄宿舎を修繕し、「耕心寮」と命名。
  • 1979年(昭和54年)11月7日 - 第3棟の改築が完了。
  • 1983年(昭和58年)5月25日 - 山中校長が在職中に死去。
  • 1988年(昭和63年)3月28日 - 格技場を改築。
  • 1989年(平成元年)3月10日 - 第4棟が完成。
  • 1998年(平成10年)3月25日 - 全校舎リフレッシュ工事を完了。
  • 2006年(平成18年)3月31日 - 普通教室(12教室)に冷房を設置。
  • 2009年(平成21年)9月4日 - 体育館の耐震補強工事を完了。
  • 2010年(平成22年)
  • 2011年(平成23年)8月 - 第5棟(特別教室)が完成。

部活動[編集]

体育部
文化部

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]