島内武重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

島内 武重(嶋内、しまのうち たけしげ、安政4年9月(1857年[1] - 1893年明治26年)1月22日[1])は、明治時代の政治家貴族院多額納税者議員

経歴・人物[編集]

郷士・島内茂久治(のち武金)の長男として土佐国香美郡物部村上岡(現・香美市物部町上岡)に生まれる[1]慶応2年(1866年)から1875年(明治8年)に掛けて、吉本寿玄、下司重成、田宮悦之らより和漢洋の学問を学ぶ[1]

1876年(明治9年)より各地の戸長、学区取締を務め、1883年(明治16年)野市村に夜学・協力心会を開設し、自由民権運動に参加する[1]1886年(明治19年)の物部川堤防事件に際しては、香美郡連合村会議員に当選し活動した[1]。ほか、1888年(明治21年)上岡の夜学・青翠会会長、黒住教高知大教会農商部設立の会心社頭取、農益商会頭取などを歴任し、布教と殖産に努めた[1]

1888年(明治21年)民権派議員として高知県会議員に地元の香美郡より当選[1]。さらに、1890年(明治23年)第1回多額納税者議員選挙に互選され[1]、同年9月29日、貴族院議員に就任した[2]1893年明治26年)1月22日、病没した[1]

親族[編集]

  • 弟:島内武久(農業、高知県多額納税者)[3][4]
  • 長男:島内武秀(農業、高知県多額納税者)[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 高知新聞社 1999, 380頁.
  2. ^ 『官報』第2179号、明治23年10月2日。
  3. ^ a b 人事興信所 1915, し51頁.
  4. ^ 人事興信所 1928, シ53頁.

参考文献[編集]

  • 人事興信所 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1703995 
  • 人事興信所 『人事興信録 第8版』 人事興信所、1928年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2127124 
  • 『高知県人名事典 新版』 高知新聞社、1999年。ISBN 4875032854