コンテンツにスキップ

峯村文人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

峯村 文人(みねむら ふみと、1913年大正2年)9月14日 - 2004年平成16年)3月6日)は、国文学者

長野県小県郡富士山村(現上田市)出身。旧制上田中学(長野県上田高等学校)を経て、1935年東京高等師範学校卒業、1935年から旧制新潟県立六日町中学教諭を務めた後、1940年東京文理科大学国文科卒業。東京府立第八高等女学校教諭から1942年小樽経済専門学校(学制改革により小樽商科大学)教授、1954年東京教育大学教授、1962年「新古今時代の研究」で東京教育大学文学博士。1977年定年退官、名誉教授国際基督教大学教授。1984年同客員教授。1986年秋、勲三等旭日中綬章受勲。

大塚国語国文学会代表、全国大学国語国文学会常任理事を務めた。兄の峯村英薫は元大和銀行会長、元積水化学工業取締役。

著書

[編集]

共編著

[編集]

校注

[編集]
  • 新古今和歌集』校註 大日本雄辯會講談社、1950 新註國文學叢書
  • 『日本古典文学全集 新古今和歌集』校注・訳 小学館、1974

記念論文集

[編集]
  • 『和歌と中世文学 峯村文人先生退官記念論集』東京教育大学中世文学談話会 1977

参考

[編集]