岸田周三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸田 周三(きしだ しゅうぞう、1974年8月8日 - )は、日本料理人愛知県出身。北品川フレンチレストラン「Quintessence(カンテサンス)」のオーナーシェフ[1]。経営者。

概要[編集]

ミシュランガイド」から13年連続で三ツ星評価を受けている(2019年12月時点)[2]

近年ではドラマ「グランメゾン★東京」の監修や[2]、「Chefs for the Blue」という団体でサスティナブルシーフード(水産資源保護)の活動も行なっている[3]

これはドラマを通じて飲食界をもっと盛り上げていきたいという願い[2]、自分達が当たり前に使う食材にも限りがあることやそれをむやみに濫用せず後世までのこせるよう大切にしたいという思いから。

脚注[編集]

  1. ^ Takahashi, Koji. “ZENB イニシアティブ -「食べる」のぜんぶを、あたらしく” (日本語). ZENB イニシアティブ -「食べる」のぜんぶを、あたらしく. 2020年1月16日閲覧。
  2. ^ a b c TBS (2019年12月26日). “日曜劇場『グランメゾン東京』” (日本語). TBSテレビ. 2020年1月16日閲覧。
  3. ^ 江藤詩文. “カンテサンス 三ツ星シェフの哲学” (日本語). Kai House(カイハウス). 2020年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]