岸本英八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸本 英八郎(きしもと えいはちろう、1916年 - 1986年6月21日[1])は、日本経営学者

1941年神戸商科大学卒、1962年「技術革新と経営管理論の形成」で神戸大学経営学博士。神戸大学経済経営研究所勤務ののち、南山大学助教授、甲南大学助教授、教授を務め、1982年名誉教授となり[2]大阪学院大学教授を務めた。

著書[編集]

  • 『オートメーションと経営管理』ダイヤモンド社 1957
  • 『経営と技術革新』日本経済新聞社 経営管理全書 1959
  • 『経営機械化の発展 新しい産業革命を推進するもの』中央経済社 1961
  • 『現代経営管理論 技術革新時代の構想』中央経済社 1961
  • 『経営情報システム 第三期の経営機械化』中央経済社 1966
  • 『アメリカにみるコンピュータ経営の高度利用 実態調査報告』コンピュータ・エージ社 1970
  • 『経営情報システム研究』ダイヤモンド社 1970
  • 『コンピュータ経営論』丸善 経営学全書 1970
  • 『最新経営情報システム』中央経済社 1970
  • 『戦略的経営情報システム』中央経済社 1986

編著[編集]

  • 『日本産業とオートメーション』編 東洋経済新報社 1959
  • 『事務管理』編 日本生産性本部 日本の経営 1961
  • 『経営情報処理組織 機械化の実践課題』編著 中央経済社 1963
  • 『技術革新と経営管理』編 金原出版 1964
  • 『新経営学 経営科学の展開』編著 中央経済社 1966
  • 『講座現代の経営 第6 コンピュータ経営』共編 河出書房 1968
  • 『経営情報処理概論』編著 中央経済社 1983

翻訳[編集]

  • ヒックス, プレース『事務管理』涌田宏昭共訳編 日本生産性本部 アメリカ経営学大系 1961
  • ロバート・V.ヘッド『電子計算機リアルタイム導入計画』日本経営出版会 1967
  • D.J.ギャラガー『マネジメント・インフォメーション・システム』日本経営出版会 1967

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 岸本英八郎先生略歴・著作目録 (岸本英八郎先生記念号)甲南経営研究 1982-11