岸本能武太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸本 能武太(きしもと のぶた、慶応元年12月16日1866年1月22日) - 昭和3年(1928年11月16日)は宗教学者

経歴[編集]

慶応元年、岡山藩士の子として、備前国に生まれる。同志社英学校卒。ハーバード大学に留学、ユニテリアンの信仰を抱く。シカゴの万国宗教会議に出席、1894年、帰国後、東京専門学校で比較宗教学を講じ、1896年、姉崎正治とともに比較宗教学会を設立。社会主義協会の前身である社会主義研究会の設立に加わる。

東京大学教授の岸本英夫は二男である。

著書[編集]

  • 社会学 東京専門学校, 1898
  • 社会学 大日本図書、1900
  • 宗教研究 警醒社, 1899
  • 倫理宗教時論 警醒社, 1900
  • 日本人の五特質 警醒社, 1902
  • 比較宗教一斑 警醒社, 1902
  • 英語発音の原理 北文館, 1910
  • 岡田式静坐三年 大日本図書, 1916
  • 女子もでるり-だず教師用参考書 第1巻 東京開成館, 1920
  • 岡田氏静坐の新研究 大日本文華, 1921
  • 音標文字早分り 北文館, 1925
    • ほか英語教科書多数