岸本司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸本 司(きしもと つかさ、1968年6月4日 - )は、日本の映画監督脚本家小説家

経歴[編集]

沖縄県名護市に生まれる。東京芸術学院在学中より自主制作映画を撮り始める。

1993年「エイジリズム」(脚本・監督・編集)が林海象カップでグランプリを受賞。1995年「空に想う」(脚本・監督・編集)が一般社団法人シナリオ作家協会の第4回新人シナリオコンクール奨励賞を受賞[1]

2002年に東京から沖縄に拠点を移し、フリーランスのディレクターとしてTV番組やCMの演出を行う。

2006年「アコークロー」(脚本・監督)で初の長編映画を手がけ、劇場映画デビューする[2]

映画監督として活動する一方、2008年からはTVドラマの演出・脚本家としても活動。沖縄で大ヒットした特撮TVドラマ「琉神マブヤー」(2008年)、「ハルサーエイカー」(2011年)などを手がける。

2012年、短編映画「ニービチの条件/Mother of the Groom」がSSFF&ASIA2012「旅ショーット!プロジェクト」部門優秀賞[3]、およびロチェスター国際映画祭の"HONORABLE MENTION"(選外佳作)[4]を受賞。

2015年、短編映画「こころ、おどる -Kerama Blue-」がSSFF&ASIA2015 ジャパン部門 優秀賞/東京都知事賞、[5]およびLA EigaFest2015にて Shorts Competition(短編部門)のThe Golden Zipangu Awardsを受賞。 [6]

また小説も書いており、光文社の第3回「奇妙にこわい話」公募(選・阿刀田高)に出品した短編小説「安心」が優秀賞となり、公募入賞作品のアンソロジーである『ますます奇妙にこわい話』(光文社文庫、2001年)に掲載されている。

監督作品[編集]

長編映画[編集]

  • アコークロー(2006年)-脚本・監督
  • 琉球バトルロワイアル(2013年)-脚本・監督
  • ハルサーエイカー THE MOVIE エイカーズ(2014年)-脚本・監督
  • 沖縄を変えた男(2016年)-脚本・監督
  • ココロ、オドル(2019年)-脚本・監督

オムニバス映画[編集]

短編映画[編集]

  • ニービチの条件/Mother of the Groom(2012年)-脚本・監督
  • スイーツライフ(2015年)-脚本・監督
  • こころ、おどる(2015年)-脚本・監督
  • 遠い時間、月の明かり(2018年)-脚本・監督
  • きたなかスケッチ(2018年)-脚本・監督

オリジナルビデオ[編集]

  • 忘却の楽園 (2005年)-脚本・監督

TVドラマ[編集]

「オキナワノコワイハナシ」シリーズ

  • 夏の幻影 (2004年)-脚本・監督
  • 彼岸日誌(2005年)-脚本・監督
  • ムーンドライブ(2006年) -脚本・監督
  • テケテケテケ(2007年)-脚本・監督
  • 怪物〜マジムン〜(2008年)-脚本・監督

その他のTVドラマ

※琉神マブヤー、オバー自慢の爆弾鍋ではクレジットはされていないが、実際は脚本(共同脚本)も手がけている。

監督以外の作品[編集]

  • 「パイナップル・ツアーズ」(1992年)-助監督
  • 「地球でたったふたり」(2008年)-協力・出演
  • 「やぎの冒険」(2010年)-脚本
  • 「NOTHING PARTS 71」(2014年)-脚本協力

脚注[編集]

外部リンク[編集]