岸川健一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸川 健一(きしかわ けんいち、1888年明治21年)3月29日 - 1954年昭和29年)6月10日)は、大正昭和初期の軍人佐賀郡兵庫村(現佐賀市)出身。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

1888年生まれ。佐賀中学校から陸軍士官学校(陸士23期)に進み卒業後歩兵少尉に任官。麻布連隊区司令官(大佐)から少将に昇進し第29旅団長、独立混成第17旅団長を歴任。1945年(昭和20年)3月中将に昇進し第63師団長として終戦を迎えた。

その後はシベリアに抑留され、さらに中国に引き渡され撫順戦犯管理所に収容された。所謂中国抑留者で4人いた師団長の一人(ほかは第39師団長・佐々真之助中将、第59師団長・藤田茂中将、第117師団長・鈴木啓久中将)で、抑留中の1954年収容所にて病死。生前の勲功により正四位勲一等旭日大綬章を贈られた。

参考文献[編集]

  • 兵庫町史