岸岳城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
岸岳城
佐賀県
別名 貴志岳城、鬼子岳城
城郭構造 連郭式山城
築城主 松浦持
築城年 12世紀
主な城主 波多氏
廃城年 文禄2年(1593年
遺構 石垣、旗竿石、古井戸
指定文化財 佐賀県史跡
位置 北緯33度21分26.00秒
東経129度58分29.00秒
地図
岸岳城の位置(佐賀県内)
岸岳城
岸岳城
岸岳城のある岸岳頂部。南側の峠から

岸岳城(きしたけじょう)は、肥前国(佐賀県)に存在した日本の城山城)。もともとは鬼子岳城と書いた。

概要[編集]

唐津市北波多と同市相知町との境界をなす標高320mの鬼子嶽に位置した。東から松浦川が、西から波多川(徳須恵川)が流れて合流する中間の要害に位置し、唐津湾に至る水運を支配する上での要衝であった。山頂付近は急崖に囲まれ、城はその山頂部の南側尾根の上に築かれている。

伝説によれば、この山は古来よりが住んだといい、それが鬼子嶽の由来である。ただしここでいう“鬼”とは即ち、お上に従わない地方豪族をさしている。長元4年(1031年)、を起こした平忠常が滅ぼされた後、その徒党である信州福原の武士稲江多羅記という者が九州に落ち延びて波多郷に住み着いたが、その子に狐角という強力の者がおり、鬼子嶽の要害に山砦を築き略奪強盗を働いて国守の手に余る暴れっぷりであったため、朝廷は四天王の一人で鬼退治で有名な渡辺綱の子、判官筒井源太夫久[3]を派遣してこれを討たしめた[4]という話がある。

延久元年(1069年)、肥前国松浦郡宇野の御厨検校となり、検非違使に補されて下向した松浦久松浦党の祖であるが、子孫には土地が分割され、波多郷を与えられた松浦持が鬼子嶽に同城を築城したという。同時に波多城島村城青山城を築いた。持の子孫は波多氏を名乗り、約400年後の17代・波多親まで続いた。

文禄2年(1593年)には豊臣秀吉によって波多氏改易され、所領には唐津藩主・寺沢広高が入ったが、寺沢氏は交通の便のよい平野部に唐津城を建築して移り、当城は廃城となった。鬼子嶽の南、相知町佐里の集落が城下町の跡であり、当時唐津の町は存在していなかった。山腹には無念に思った波多氏の家臣百人が腹を切った集団墓地もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北波多村 1943, p.27
  2. ^ 伊万里市波多津町筒井。
  3. ^ 諱が同じため、しばしば松浦久と混同されるが、その伯祖父にあたる[1]。肥前筒井城[2]主で、大和国の筒井氏とは関係がない。
  4. ^ 北波多村 1943, p.24-25

参考文献[編集]

関連項目[編集]