岸剱神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岸剱神社
Gujo kisiken.JPG
本殿
所在地 岐阜県郡上市八幡町柳町438
位置 北緯35度45分8.35秒 東経136度57分33.46秒 / 北緯35.7523194度 東経136.9592944度 / 35.7523194; 136.9592944
主祭神 素戔嗚尊伊弉諾神伊邪那美菊理媛神
社格 旧郷社
創建 慶長19年(1614年
テンプレートを表示
参道

岸剱神社(岸劔神社[1]、きしつるぎじんじゃ)は、岐阜県郡上市(旧郡上郡八幡町)に鎮座する神社である。旧社格郷社

毎年4月第3土・日曜日の春祭では、八幡神社日吉神社とともに大神楽競演が行われる。

祭神[編集]

由緒[編集]

江戸時代初期の慶長19年(1614年)、郡上郡気良村(後の明宝村、現・郡上市)はひどい旱魃に見舞われる。この地の神社の神主は雨乞いを行なったが効果はなかった。そこで宝剣を気良川の河原の岩で洗って雨乞いを行なうと、すぐさま雨が降ってきたという。しかし豪雨となり、岩の上の宝剣は大水で流されてしまった。それから数日後、郡上八幡城城下の吉田川の岩に宝剣が引っかかっているのを住民が見つける。この知らせを受けた城主遠藤慶隆が、この宝剣を祀るために創建したのが始まりという。

創建時は吉田川の川岸に位置していたが、明治19年(1886年)に城山中腹に移転。明治40年(1907年)には白山神社を合祀する。

1919年(大正8年)の郡上大火では郡上八幡城三の丸跡地にあった安養寺が焼失したが、城山中腹にあった当社は焼失を免れた[1]。その後、城山公園の整備により1942年(昭和17年)に北側の現在地に移転した[1]

境内社[編集]

  • 琴平神社 天保2年(1831)創建
  • 積翠神社 安政3年(1856)創建

 御神体は郡上八幡城天守に奉安

  • 英稲荷神社

文化財[編集]

  • 岸剣神社の大神楽(県指定重要無形民俗文化財)[2]

交通機関[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 第2章 郡上市の維持向上すべき歴史的風致 郡上市
  2. ^ 岸剣神社の大神楽”. 岐阜県. 2013年4月20日閲覧。