岩辺季貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩辺 季貴
生誕 1872年2月17日
死没 (1955-04-24) 1955年4月24日(83歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

岩辺 季貴(いわべ すえたか、1872年2月17日明治5年1月9日) - 1955年昭和30年)4月24日)は、日本海軍の軍人。海軍中将

経歴[編集]

熊本県下益城郡小川町(現在の宇城市)生まれ。1894年(明治27年)10月、海軍機関学校卒業後、機関士候補生として高千穂に乗組み日清戦争に従軍する。1899年(明治32年)3月、ドイツより購入した八雲の回航委員として出発する。1904年(明治37年)2月、八島分隊長として日露戦争に出征、ついで1905年(明治38年)1月、海軍機関少監に進み、八重山機関長に転じる。1906年(明治39年)1月、海軍機関少佐に進級する。1907年(明治40年)には岩辺知言(元小川小学校校長、元小川町長)の養子になる。

1919年(大正8年)6月、海軍機関少将に昇進し、聯合艦隊機関長と第一艦隊機関長を兼任する。同年12月横須賀鎮守府機関長に就任。1923年(大正12年)12月、海軍機関中将に進み、1924年(大正13年)2月、予備役となる。1939年(昭和14年)2月、退役。予備役後は、読書と謡曲を趣味とした。海軍中将正四位勲二等功四級。

参考文献[編集]

  • 小川町史編纂委員会 編纂「小川町史」小川町役場(熊本県)、1979
  • 福川秀樹著「日本海軍将官事典」芙蓉書房出版、2000