岩田文昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩田 文昭(いわた ふみあき、1958年 - )は、日本の宗教学者哲学者大阪教育大学教育学研究科社会科教育専攻教授[1]

経歴[編集]

愛知県名古屋市出身[2]1977年 東海高等学校卒業。1982年京都大学文学部哲学科卒業。1986年大学院文学研究科修士課程宗教学専攻修了、ルーヴァン大学高等哲学研究所で学ぶ。1990年京大大学院文学研究科博士課程満期退学。1994年大阪教育大学講師1996年助教授2000年 「フランス・スピリチュアリスムの宗教哲学」で博士(文学)(京都大学)[3]2004年大阪教育大学教授

研究対象[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『フランス・スピリチュアリスムの宗教哲学』 創文社、2000年
  • 『近代仏教と青年―近角常観とその時代』 岩波書店、2014年

共著[編集]

共編著[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]