岩永裕吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩永裕吉

岩永 裕吉(いわなが ゆうきち 、1883年明治16年)9月13日 - 1939年昭和14年)9月2日)は、日本の通信事業経営者。

経歴[編集]

東京市神田区駿河台内務省衛生局局長(勅任局長)長與專齋の四男(第六子)として出生。7歳で母方の叔父にあたる岩永省一郵便汽船三菱会社を経て日本郵船に入り、1899年に専務取締役。後藤多仲の次男で実母・園子の弟。養母の郷子は京都の絵師山本梅逸の娘)の養子となり、正則中学などを経て旧制第一高等学校を卒業。1909年京都帝国大学を卒業すると、内務省衛生局で父の部下だった後藤新平のコネで南満州鉄道株式会社に就職したが(1911年[1]1917年鉄道院へ移り後藤総裁(寺内内閣内相と兼任)の秘書官、次いで同院参事・文書課長となる。翌年、寺内内閣が総辞職すると鉄道院を退官して渡米、さらに新渡戸稲造鶴見祐輔らとヨーロッパを訪問する。

帰国後の1920年に個人事務所を開き国際交流を目的とした「岩永通信」を発行し、翌年には通信社の「国際通信社」(国通)に迎えられ理事・専務理事を歴任。1924年にはロイター社と最初の対外自主頒布権の交渉を行った。国通は1926年に他の通信社と共に新聞組合「日本新聞聯合社」(聯合)を創立するが、創立にあたって岩永は専務理事となり東川嘉一・古野伊之助をそれぞれ西部・東部の管区支配人とする。聯合は1928年に内信を開始し、1933年にはAP通信の支配人だったケント・クーパーと通信自主権の確立に成功するが、その一方で満州事変の際には関東軍首脳部に満蒙通信社論を送っている。

1936年に財団法人同盟通信社が設立されると初代社長となり1938年には貴族院議員に勅撰されたが、第二次世界大戦勃発の翌日1939年9月2日に保養先の長野県軽井沢町狭心症のため死去。

人物[編集]

長兄長與稱吉、二兄長與程三、三兄長與又郎、末っ子の第八子の五男長與善郎。妻の鈴子は獣医学者で東京帝国大教授・田中宏の娘で、裕吉の死後1年余りで後を追った[2][3][4]。子に共同通信専務理事で「日本アラブ記者会」を発足した(1912-1982)[5]

同盟通信社の初代社長。社団法人の通信社設立は経済的に全く見返りの無い仕事であり、岩永は己の私財の多くを散じて「日本の主張を世界に発信する」という大義に生きた。柔道4段。

新渡戸稲造の門下生で鶴見祐輔、前田多門田島道治とともに「新渡戸四天王」といわれ、牛場友彦松本重治松方三郎の兄貴分。「同盟」の対外的な信頼を守るために常に意を用いている。後年、コンビを組んできた古野伊之助白鳥敏夫鈴木貞一と密接な関係にあった点は不満だったらしい。

岩永の死後、古野伊之助が同盟の二代目社長となる。1945年、敗戦に伴って解体を予測した策士の古野は同盟を自ら共同通信社時事通信社に分割。「不死鳥、火に入る」と名言を残す。共同は一般報道部門など、時事は経済報道部門の通信社である。

脚注[編集]

  1. ^ 岩永裕吉君伝記編纂委員会編『岩永裕吉君』(1941年)73頁。
  2. ^ 長与又即日記 昭和十二年十月ー十二月照沼康孝、中野実、 東京大学史紀要第4号 1983(昭和58)年7月
  3. ^ 『岩永裕吉君 』「付録・岩永鈴子夫人」「弟の想出 花を眺めて死んだ」、岩永裕吉君伝記編纂委員会編輯、1941
  4. ^ 田中宏君『大正人名辞典』 (東洋新報社, 1917) ,p279
  5. ^ 岩永裕吉歴史が眠る多磨霊園

参考文献[編集]

  • 岩永裕吉君伝記編纂委員会編『岩永裕吉君』(1941年)
  • 通信社史刊行会『通信社史』(1958年)
  • 鳥居英晴『国策通信社「同盟」の興亡ー通信記者と戦争』花伝社 (2014年)