岩村遠山氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤原氏 > 加藤氏 > 遠山氏 > 岩村遠山氏
岩村遠山氏
家紋
丸に二引き
本姓 藤原北家利仁流
家祖 遠山景員
種別 武家
出身地 美濃国恵那郡
主な根拠地 美濃国恵那郡岩村城
著名な人物 遠山景任
支流、分家 飯羽間遠山氏
凡例 / Category:日本の氏族

岩村遠山氏(いわむらとおやまし)とは、利仁流加藤氏一門、美濃遠山氏の宗家。

歴史[編集]

文治元年(1185年)、源頼朝加藤景廉遠山荘を与え、景廉の嫡男遠山景朝がその地頭職を継承したことが遠山氏の始まりである。景朝は承久の乱では北条泰時に従い、一条信能を岩村にて斬首している。

岩村遠山氏は、景朝の子遠山景員を祖とし遠山家惣領とされる。しかしながら、長享2年(1488年)の『蔭涼軒日録』には「遠山には三魁がある。第一は苗木、第二は明智、第三は岩村といい・・・」と書かれ、苗木遠山氏明知遠山氏の後塵を拝していたようである。理由は岩村城からほど近い飯羽間村飯羽間遠山氏に、阿木村安木遠山氏に分家して領地を分け与えたためである。苗木遠山氏は何度か跡継ぎが絶えており、天文[要曖昧さ回避]年間に宗家である岩村遠山氏から遠山武景遠山直廉が苗木遠山氏に養子として入っている。

天文20年(1551年)頃に武田信玄が木曽谷・伊那谷を勢力を伸ばし、天文24年(1555年)1月には美濃の恵那郡に勢力下に置き、岩村の大圓寺に制札を出しており(『明叔録』)、木曾義康とほぼ同時期に岩村遠山氏は武田氏の傘下に入ったと見られる。

弘治2年(1556年)に当主の遠山景前が死去するとその後を遠山景任が継いだ。景任は織田信長からおつやの方(信長の年下の叔母)を妻として送り込まれていたが、名目上は引き続き武田氏に組していたと見られる。

当時の遠山氏の領地は、東の信濃国武田氏、南の三河国今川氏(後に徳川氏)、西の美濃国平野部と尾張国織田氏に囲まれており、岩村遠山氏とその一族は、織田氏からも傘下に入るように圧力をかけられていた。

元亀元年(1570年)12月に武田勢は徳川氏を攻めるため三河へ進攻しようとして美濃恵那郡に侵入した。その際に明知遠山氏遠山景行が先頭に立ち、苗木遠山氏飯羽間遠山氏串原遠山氏安木遠山氏徳川氏からの援軍とともに結束して迎え撃ったが敗れた。この戦いを上村合戦という。この戦いには岩村遠山氏と明照遠山氏は参戦していない。

元亀3年(1572年)8月14日、岩村遠山氏の当主で岩村城主の遠山景任は子供が無いまま病死した。織田信長織田信広河尻秀隆らを派遣して岩村城を占拠し、五男の御坊丸(織田勝長)を岩村遠山氏の養子に据えた。しかし御坊丸は幼児であったため、実際の城主は信長の叔母で景任後家のおつやの方が務めた。 しかし武田方の秋山虎繁に岩村城が包囲されたため、おつやの方が虎繁の妻となることを条件に降伏し、御坊丸を武田方に引き渡し、岩村遠山氏は再び武田氏に臣従させられた。

天正2年(1574年)、武田勝頼の東美濃侵攻で諸城をさらに落とされたが、天正3年(1575年)の長篠の戦いで勝頼が敗れると、東美濃での形勢は逆転。信長の命を受けた織田信忠(信長の嫡男)らが反攻に転じて、岩村城を包囲。11月21日に岩村城は降伏し、講和を条件に城を出てきた、おつやの方と秋山虎繁は岐阜へ連行されて処刑。その他、武田方に臣従させられていた岩村遠山氏と郎党らは織田方に攻められ全員戦死した。(天正3年の岩村城の戦い

これにより遠山七頭(七遠山)は苗木遠山氏明知遠山氏串原遠山氏(後に永田氏に改姓)の3系統を残して滅亡した。

菩提寺[編集]

明覚山大圓寺

系譜[編集]

景朝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景重
(明知遠山氏)
景員
(岩村遠山氏祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景資
 
 
 
景茂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景明景光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景秀景義
(飯羽間遠山氏祖)
 
 
 
景興
 
 
 
景重
 
 
 
持景
 
 
 
頼景
(明知遠山氏より)
 
 
 
景友(季友)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景前(一説に)友勝
(飯羽間遠山氏へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
景任武景直廉
(苗木遠山氏へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
御坊丸
 
 
 
友勝

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]