岩村昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩村 昇(いわむら のぼる、1927年5月26日 - 2005年11月27日)は、日本の医学者医師愛媛県宇和島市出身。

経歴[編集]

広島での被爆体験から医療の道に進み、1947年旧制松山高等学校に編入、1954年鳥取大学医学部を卒業後、鳥取大学医学部助教授を経て、日本で最初に設立された国際協力NGOの一つである日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)からの派遣ワーカーとして、1962年ネパールに赴任した。

当時国民の平均寿命が37歳というネパールで、以後18年間、結核ハンセン病マラリアコレラ天然痘赤痢等の伝染病の治療予防として栄養改善のために、岩村(旧姓:門脇)史子夫人と共に活躍し、「ネパールの赤ひげ」と呼ばれた[1]。帰国後、神戸大学医学部教授として教鞭をとる。 「アジアのノーベル賞」と呼ばれるマグサイサイ賞を受賞した。

2005年11月27日呼吸不全で逝去。享年78

書籍[編集]

  • 岩村昇 『ネパールの「赤ひげ」は語る』 (岩波ブックレット) 1986年、ISBN 978-4000030113
  • 岩村昇 『ネパールの碧い空 草の根の人々と生きる医師の記録』 (講談社) 1983年、ISBN 978-4061268852
  • 岩村昇・岩村史子 『山の上にある病院―ネパールに使いして』 (新教出版社) 1965年、ASIN B000JAD3ZK
  • 田村光三 『岩村昇―ネパールの人々と共に歩んだ医師 (ひかりをかかげて)』(日本基督教団出版局)2013年、ISBN 978-4818408623
  • 大西伝一郎 『友情の切手は、ヒマラヤのふもとへ―ネパールの岩村昇博士』(文溪堂) 1996年、ISBN 978-4894231382
  • 内山三郎 『遠い空、近い国そしてネパール―草の根の人たちと生きる岩村昇博士』(手をつなぐ中学生の本)(民衆社) 1984年、ASIN B000J781SW

脚注[編集]

  1. ^ [1] コトバンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]