岩手雪まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩手雪まつり
かまくら食堂

いわて雪まつり(いわてゆきまつり、Iwate Snow Festival)は、岩手県岩手郡雫石町にある小岩井農場のまきば園など複数会場で毎年2月に行われる雪祭り。2019年で52回目を迎えた。

概要[編集]

大型滑り台の雪像、雪のステージなど大小合わせて約16基の雪像や70基程のかまくらでジンギスカン・焼肉を食べることができる。

開催期間中は朝9:00~夜9:00まで開いている。夕方(暗く)になると雪像がライトアップされ、イベントとして花火(ファンタジーナイト)が毎日行われる。

冬のまつりとしては本州最大規模で、約10日間の開催期間で30万人前後の人が訪れる。入場無料。第45回目に当たる2012年は、2/4~2/12まで開催。

昭和43年に「小岩井かまくら」の名前で開催された。夕暮れとともに12基のかまくらに火が灯り、雫石あねっこがワラグツ姿で登場し、ジンギスカン鍋を入れて入場者にサービスした。昭和46年の第4回にて、「小岩井かまくら」を「小岩井雪まつり」に名称変更して開催され、昭和47年の第5回で、「小岩井雪まつり」から「岩手雪まつり」へと変わった[1]

例年、雪像が作られるが、暖冬の影響で2016年の開催では雪像なしで開催されることとなった(参照:<いわて雪まつり>雪不足 初の雪像断念)。

2019年は岩手高原スノーパークを主会場に、主会場含む7会場に拡大して開催された[2]。また、開催時間が朝9:00~夜6:00まで短縮された。

開催会場[編集]

2019年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ いわて雪まつりの歴史
  2. ^ 52回いわて雪まつりの概要 いわて雪まつり公式ホームページ

外部リンク[編集]