岩崎良三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩崎 良三(いわさき りょうぞう、1908年2月16日 - 1976年3月4日[1])は、日本英文学西洋古典学研究者、慶應義塾大学名誉教授。 東京生まれ[2]。慶大卒。慶大教授、1974年定年、名誉教授。戸板女子短期大学教授。

著書[編集]

  • 現代アメリカ英語の研究 小学館,1947
  • ラテン作家論 玄同社, 1947
  • 現代アメリカ英語の用法 国際出版社,1948.
  • 理性とロマン主義 慶応出版社 1948

翻訳[編集]

  • 文学とモラル / ディ・エチ・ロオランス 金星堂、1933 
  • スペイン農園 Ralph Hale Mottram 今日の問題社,1941.
  • ディケンズの芸術 アンドレ・モロア 今日の問題社,1941.
  • トリマルキオーの饗宴 ペトローニウス 青木書店,1941.
  • ローマ文学史 ヂェイ・ワイト・ダッフ 訳補.青木書店,1942
  • 老年に就いて キケロー選集 小学館 1943.
  • カティリーナ弾劾 キケロー 玄同社,1947.
  • サテュリコン 全訳 ペトローニウス 創元社,1952.
  • ギリシヤ文学入門 R.C.ジェッブ 1953.創元選書
  • 亡命者 ジョイス 現代世界戯曲選集 第5.白水社,1954.
  • アロウスミスの生涯 シンクレア・ルイス 現代アメリカ文学全集 第18 荒地出版社,1958.
  • ヒュウ・セルウィン・モーバリイ エズラ・パウンド 世界名詩集 第22 平凡社,1968.

出典・脚注[編集]

  1. ^ “岩崎良三氏(慶大名誉教授、戸板女子短大教授)死去”. 読売新聞(東京朝刊): p. 23. (1976年3月8日)  - ヨミダス歴史館で閲覧
  2. ^ 読売新聞の訃報には「東京都立川市出身」とあるので、当時の東京府北多摩郡立川町、ないし、砂川村出身と思われる。

参考[編集]

  • 文藝年鑑1975