岩崎城 (出羽国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
岩崎城
秋田県
本丸跡にある碑
本丸跡にある碑
別名 一名建ヶ城
城郭構造 平山城
築城主 藤原河内守
築城年 建長文永年間(1249年1274年
主な城主 岩崎道高岩崎義高原田大膳
廃城年 元和元年(1615年
遺構 台、曲輪土塁井戸跡、石碑
指定文化財 なし
再建造物 なし

岩崎城(いわさきじょう)は、出羽国雄勝郡(現在の秋田県湯沢市)に存在した日本の城平山城)。

概要[編集]

市の北部の皆瀬川左岸にある標高314メートルの天ヶ台山から北西に延びた丘の先端部に位置する平山城で、標高110メートル、比高差30メートルである。城の西側に羽州街道岩崎宿があり、羽州街道と皆瀬川の監視を目的とした湯沢城支城であった。

歴史・沿革[編集]

鎌倉時代[編集]

建長文永年間(1249年 - 1274年)藤原河内守が岩崎城を築城した。

戦国時代[編集]

城主の岩崎氏は小野寺氏庶流で、湯沢城の北側を守備していた。

天正18年(1590年奥州仕置雄勝郡最上氏の領土とされたが、横手城小野寺義道はこれを認めずに雄勝郡の支配を継続した。これを聞いた山形城最上義光は、文禄4年(1595年)、楯岡城楯岡満茂が率いる軍勢を湯沢城に差し向けた。

湯沢城が落城して次の目標が岩崎城だと推測した岩崎義高は小野寺義道に援軍を要請したが、同日に今泉城角間城鍋倉城植田城新田目城が最上軍の攻撃にあったため岩崎城の方には手が回らず、ほとんど援軍が来なかった。

その後、前森城原田大膳が岩崎城に夜襲をかけ、城主の岩崎義高は討死して落城した。その後、原田大膳が城主となった。以後、岩崎城は最上氏の城になった。

江戸時代[編集]

慶長7年(1602年佐竹義宣の移封後は佐竹氏の城となった。

元和元年(1615年一国一城令により廃城となった。

天明5年(1785年菅江真澄が旅路の途中でこの城跡に立ち寄ったという。

慶応4年(1868年佐竹義諶は拠点を椿台城から移して、岩崎城址南麓に岩崎藩陣屋を構えて岩崎藩を置いた。

明治時代[編集]

明治38年(1905年9月14日本丸の東の堀に奥羽南線(現:JR奥羽本線)が開通。

現代[編集]

現在は千年公園として整備されており、無料駐車場も設けられている。南麓には岩崎藩陣屋の殿舎が移築されている。

構造[編集]

本丸

縄張[編集]

城郭の形式は平山城。城の北部を皆瀬川が流れ、天然の堀の役目を担っていた。現在は城全体が千年公園として整備されている。

本丸[編集]

本丸はL状の郭をしており、本丸の規模は東西約70m、南北約100mある。南側に1段、北側には3段の曲輪がある。現在は本丸の東側の堀にはJR奥羽本線が通る。

二の丸[編集]

二の丸は本丸の西側に位置し、長方形の郭をしている。規模は東西約70m、南北約100mある。東端に、櫓台(妙見神社)がある。

三の丸[編集]

三の丸は本丸の南側に位置している。規模は東西約60m、南北約70mある。三の丸には玉子井戸があり、集落が存在した。

玉子井戸[編集]

井戸の深さは約5mある。城主岩崎道高の娘である能恵姫が生まれて少し経った頃に何故か泣き続けるようになり、いろいろ手を尽くしたが効果がなかった。その数日後に乳母が庭で卵形の石を拾い、それが姫の落ちつかせたので守り石とされた。その守り石が置かれていることから(玉子井戸)と呼ばれるようになった。

現地情報[編集]

所在地[編集]

アクセス[編集]

鉄道
路線バス

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『探訪日本の城(1) 奥羽道』 昭和52年11月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]