岩崎哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「岩﨑哲也」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
岩﨑 哲也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県行田市
生年月日 (1982-10-13) 1982年10月13日(34歳)
身長
体重
190 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト5巡目
初出場 2007年3月24日
最終出場 2011年5月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩﨑 哲也(いわさき てつや、1982年10月13日 - )は、埼玉県深谷市出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

高校時代[編集]

埼玉県立行田工業高等学校時代は、春日部共栄高等学校とともに全国高等学校野球選手権埼玉大会優勝候補だったが、埼玉栄高等学校と初戦で対戦して惜敗。その後、国士舘大学を経て三菱重工横浜硬式野球クラブに入部した。

三菱重工時代[編集]

2005年第76回都市対抗野球大会神奈川2次予選で好投し、三菱ふそう川崎硬式野球部の補強選手として出場した。5試合中4試合に登板して三菱ふそう川崎の優勝に大きく貢献、新人賞に当たる若獅子賞を受賞した。2006年東芝硬式野球部に補強されて第77回都市対抗野球大会に出場。補強選手ながら開幕戦の先発投手を任された。

同年の大学・社会人ドラフトで西武ライオンズから5巡目指名を受けて入団。背番号35は、東芝に補強された時に着けていた番号でもある。

西武時代[編集]

2007年は新人として唯一の開幕一軍に登録された[1]。開幕戦で西口文也を救援し、1イニングを無失点に抑えたものの、翌日は9回に登板して2/3回6失点とプロの洗礼を受けた。同年6月14日に中継ぎでプロ初勝利を達成。7月4日の対北海道日本ハムファイターズ戦では小野寺力の不調で抑え投手が不在になり、それまでチーム最多ホールドを挙げていた岩崎が登板、プロ初セーブを挙げた。序盤こそ不安定だったが、オールスター以降の防御率は1点台と大きく安定した。右のセットアッパーとして主に7回を任され、最終的に新人ながらチームトップの55試合に登板、防御率2.82・3勝1敗2セーブ、チーム2位となる16ホールドポイントの好成績を収めた。

2008年はキャンプで制球難を指摘されて二軍スタート。4月9日に昇格するが被安打が多く、降格と再昇格を繰り返した。7月20日の対千葉ロッテマリーンズ戦では打者9人に対して7安打5失点と打ち込まれ、8月末に降格してシーズンを終えた。8月18日の対オリックス・バファローズ戦では1球三振を記録[2]した。

2009年は6月まで無失点投球を続け、2年ぶりのホールドを挙げた。一時は勝ち試合で登板し、7月にはリーグトップの13試合に登板して、チーム3位の9ホールドをマークした。しかし26回で28被安打と不安定な内容の投球が続き、8月10日に降格した。

2010年から背番号が25に変更されたが、プロ入り最少となる1試合の登板に終わった。

2011年は、二軍で22試合に登板し防御率1.96を記録したものの、一軍ではわずか2試合の登板に終わり、10月9日、戦力外通告を受けた[3]。12月2日自由契約公示された。

西武退団後[編集]

2012年2月にロングビーチ・アーマダに所属しアリゾナ・ウィンターリーグに参加。同シーズンよりプロ野球独立リーグノース・アメリカン・リーグエディンバーグ・ロードランナーズに移籍。22試合(うち先発1試合)で5勝0敗、防御率2.20の好成績を残した。

2013年4月、メキシカンリーグキンタナロー・タイガースと契約した。

2013年7月、愛媛マンダリンパイレーツと契約した[4]。同年12球団合同トライアウトを受験するも獲得球団がなく引退した[5]

現在は会社員をしている。

選手としての特徴[編集]

始動からリリースの間に後ろを振り返る変則的なフォームで投げる[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 西武 55 0 0 0 0 3 1 2 13 .750 220 54.1 43 5 17 1 5 33 1 1 19 17 2.82 1.10
2008 20 0 0 0 0 2 0 0 0 1.000 99 21.0 32 2 4 0 5 10 0 0 16 13 5.57 1.71
2009 27 0 0 0 0 2 4 0 9 .333 115 26.0 28 2 13 2 2 15 1 1 14 13 4.50 1.58
2010 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 1.2 4 1 0 0 1 2 0 0 3 2 10.80 2.50
2011 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.1 5 0 1 0 1 0 0 0 1 1 3.86 2.61
通算:5年 105 0 0 0 0 7 5 2 22 .583 456 105.1 112 10 35 3 14 60 2 2 53 46 3.93 1.40

独立リーグでの成績[編集]












































2013 愛媛 2.20 16 3 1 0 0 0 0 16.1 66 9 0 5 6 1 5 4 1 0
通算:1年 2.20 16 3 1 0 0 0 0 16.1 66 9 0 5 6 1 5 4 1 0

記録[編集]

背番号[編集]

  • 35 (2007年 - 2009年)
  • 25 (2010年 - 2011年)
  • 22 (2012年)
  • 14 (2013年)

脚注[編集]

  1. ^ この年のパシフィック・リーグ新人投手で開幕一軍登録されたのは山本一徳(日本ハム)、荻野忠寛(ロッテ)と岩崎だけで、岸孝之は先発投手陣の関係で開幕を二軍で迎えた。
  2. ^ 2ストライク2ボールで登板し、初球で空振り三振を奪った。野球規則10.18(h)に基づいて岩崎による奪三振が記録された。また、この場面は9回2死だったため、岩崎が投じた1球でイニング終了となった。
  3. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について 埼玉西武ライオンズ公式サイト 2011年10月9日閲覧。
  4. ^ 愛媛MP 元西武 ・岩崎選手の入団決定 - 四国アイランドリーグplusリーグニュース(2013年7月16日)
  5. ^ 退団選手のお知らせ - 四国アイランドリーグplusリーグニュース(2013年11月29日)
  6. ^ 小関順二 『プロ野球スカウティングレポート2008』 アスペクトムック、2008年、409頁。ISBN 978-4-7572-1439-2

関連項目[編集]

外部リンク[編集]