岩岡中正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩岡 中正(いわおか なかまさ、1948年1月12日 - )は、日本政治学者、俳人熊本大学名誉教授。研究テーマは政治思想史、共同性の思想研究。

熊本県熊本市生。九州大学法学部を経て同大学院を修了。1991年九州大学法学博士。論文の題は「詩の政治学 : イギリス・ロマン主義政治思想研究 」[1]熊本大学法学部で教鞭を取る。 俳句は大学時代にはじめ、「ホトトギス」「阿蘇」に投句。1982年「ホトトギス」同人。1995年、朝日俳壇賞受賞。1999年より「阿蘇」主宰。2005年、第37回熊本県文化懇話会賞受賞。2008年、『春雪』で第50回熊日文学賞受賞。2011年、『虚子と現代』で第11回山本健吉文学賞評論部門受賞。

著書[編集]

句集[編集]

  • 『春雪』(ふらんす堂、2008年)
  • 『夏薊』(ふらんす堂、2012年)

学術書[編集]

  • 『詩の政治学-イギリス・ロマン主義政治思想研究』(木鐸社、1990年)
  • 『転換期の俳句と思想』(朝日新聞社、2002年)
  • 『ロマン主義から石牟礼道子へ-近代批判と共同性の回復』(木鐸社、2007年)
  • 『虚子と現代』(角川学芸出版、2010年)
  • 『子規と現代』(ふらんす堂、2013年)

編著[編集]

参考文献[編集]

  • 坂口昌弘著『平成俳句の好敵手』文學の森
  • 『現代俳句大事典』 三省堂、2005年

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベースより

外部リンク[編集]