岩城雄次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩城 雄次郎(いわき ゆうじろう、1935年9月9日 - )は、タイ文学者、翻訳家小説家詩人

東京生まれ。東京外国語大学タイ語科で松山納タイ語を学び、1960年卒業後は高校の英語教師となり、1964年始めてタイを訪れる。1970年タイのチュラロンコーン大学客員講師を1977年まで、1978年東京外国語大学非常勤講師となり1985年まで、1987年産能短期大学教授、日本ペンクラブ会員(国際委員)、日本翻訳家協会理事、1995年短大を辞任し文筆に専念し、日・タイ文学者交流センター主宰、2003年より外務省研修所タイ語非常勤講師。

タイ文学の翻訳・紹介に努め、1994年タイ文化功労章受章、2007年タイのメーホンソーン県クンユワム中高等学校の生徒を対象に、岩城雄次郎文学賞を創設。2008年タイの翻訳家らより翻訳家功労賞を授与される。

ほか詩集、小説も書く。

著書[編集]

  • 日タイ比較文化考 勁草書房 1985.11
  • 英語対照タイ語会話 大学書林 1987.3
  • ぼくも、シャム行きさん 近代文芸社 1990.9
  • タイ語二十八課 大学書林 1992.6
  • 暹羅国武士盛衰記 真説ヤマダナガマサ 光和堂, 1996.9
  • タイ現代文学案内 変動する社会と文学者たち 弘文堂, 1997.5
  • 君の名は、タイの文学 詩集 花神社 2000.9
  • ぼくは、タイランド 詩集 花神社, 2005.2

共編著[編集]

  • 実用タイ語会話 松山納共編 大学書林, 1980.1
  • タイ語ことわざ用法辞典 斉藤スワニー共著 大学書林 1998.11

翻訳[編集]

  • クリスティン・スーンサワン『ウワーンはどこへいったの』 Duang Kamol 1976
  • セーニー・サウワポン『妖魔』 井村文化事業社 1980 (タイ叢書)
  • スチャート・サワッシー編『現代タイ国短編小説集』 井村文化事業社, 1982-1984 (タイ叢書)
  • パニヤ・チャイヤカム『おしゃかさまものがたり タイの民話』 ほるぷ出版, 1982.11
  • スワンニー・スコンター『その名はカーン』 井村文化事業社 1988 (東南アジアブックス)
  • 『タイ現代詩選』 大同生命国際文化基金 1994 (アジアの現代文芸)
  • 『現代タイ名詩選』 大学書林, 1997.9
  • チャート・コープチッティ 『時』 大同生命国際文化基金 2003 (アジアの現代文芸 タイ)