岩城重隆 (江戸時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
岩城重隆
Iwaki Shigetaka.jpg
時代 江戸時代前期
生誕 寛永5年1月17日1628年2月21日[1]
死没 宝永4年12月11日1708年1月3日[2]
改名 重隆→月峯(号)[2]
別名 庄次郎→左京[2]
戒名 大通院雄山月峯[1]
墓所 東京都板橋区小豆沢の総泉寺[1]
官位 従五位下伊予[1][2]
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉
出羽亀田藩
氏族 岩城氏
父母 父:岩城宣隆、母:顕性院真田信繁五女)[2]
兄弟 重隆、女子、隆家
養兄弟:多賀谷隆経
正室:玉峯院珠林華明葵佐竹義直(東家)娘)[1]
継室:貞桜院雲岩宗高葵本多重能娘)[1]
涼雲院蓮室理清(石川乗政室)[1]景隆
女子、松平清当正室(後柳生俊方継室)、
男子、平次郎、女子

岩城 重隆(いわき しげたか)は、江戸時代前期の大名出羽国亀田藩3代藩主。新田開発や城下町の整備などを行った。

寛永5年(1628年)、2代藩主[3]岩城宣隆の長男として誕生。寛永11年(1634年)3月28日、江戸幕府3代将軍徳川家光御目見する。明暦2年(1656年)7月25日、父・宣隆の隠居により家督を相続する[2]。同年10月17日、江戸で発生した火事の際、火消役を務める[1]。同年12月26日、従五位下伊予守に叙任する[1]

天和元年(1681年)、素行の悪さを理由に[4]嫡男・景隆を勘当して隠居所に幽閉した。元禄6年(1693年)8月12日、人心を惑わした咎で配流された八王子の成就院の空山という僧を預かっている[1][5][6]。元禄9年(1696年)、家臣からの声もあって景隆を赦免することにしたが、景隆はその直前に病没した。悲しみにくれた重隆は、専住山正念寺に供養のため念仏堂を建立したという。また、晩年には孫・秀隆も廃嫡し、久保田藩士・佐竹義明(後の久保田藩主ではなく、分家の佐竹北家当主)の息子・格道(又八郎)を養子に迎えようとしたようである。

宝永元年(1704年)2月18日に隠居し、孫・秀隆に家督を譲った[6][7]。宝永4年(1707年)12月11日、死去。享年80。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『亀田岩城家譜』
  2. ^ a b c d e f 『寛政重修諸家譜』
  3. ^ 史書においては宣隆は藩主ではなく番代(代つなぎ)の存在となっている。「秋田武鑑」でも息子の重隆が岩城氏の相続者という扱いになっている。これは宣隆が初代藩主・吉隆の叔父にあたり、下の世代から上の世代への相続は本来忌避されていたためである。
  4. ^ 重隆と対立したとも。
  5. ^ 『人見私記続編』
  6. ^ a b 『憲廟実録』
  7. ^ 『宝永録』

出典[編集]

  • 『亀田岩城家譜』
  • 寛政重修諸家譜
  • 『人見私記続編』
  • 『憲廟実録』
  • 『宝永録』