岩垂今朝吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岩垂 今朝吉(いわだれ けさきち、1865年10月10日 - 1917年7月16日)は日本の教育家。

信濃国諏訪郡小井川村(現・長野県岡谷市)生まれ。1887年長野県師範学校卒。高島小学校の訓導となる。素封家に篤志を依り、明治22年(1889年)諏訪郡育英会(後の諏訪郡実科中学校の前身母体)を創設。中学校設置の必要性を説き、諏訪中学(現諏訪清陵高等学校)教諭となった。また女子中等教育の必要性を説き、諏訪高等女学校(現諏訪二葉高等学校)の創設に尽力し、初代校長。生涯を通じ諏訪地域の教育普及に尽力した。大正5年(1916年)従七位に叙せられた。

参考文献[編集]

  • 「諏訪の近現代史」
  • 「長野師範人物誌」信濃教育会編、1986年