岩国大竹道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道2号標識

岩国大竹道路(いわくにおおたけどうろ)は、広島県大竹市から山口県岩国市に至る国道2号バイパス地域高規格道路)。1994年12月16日計画路線に指定された。

概要[編集]

  • 起点:広島県大竹市小方一丁目
  • 終点:山口県岩国市山手町三丁目
  • 全長:9.8 km
  • 規格
    • 起点 - 室の木IC:第1種第3級
    • 室の木IC - 山手IC:第3種第1級
  • 車線暫定2車線(完成4車線)
  • 設計速度:80 km/h

広島岩国道路の延長線として建設される道路で、山陽自動車道広島岩国道路岩国南バイパスと連携して、複数の高速交通路を確保する道路である。末端区間は、第3種道路として建設中であり、自動車専用道路に指定されるかは未定。

インターチェンジ[編集]

  • 起点 - 室の木ICが、自動車専用道路。
  • 未開通区間の名称は仮称。
  • 路線名の特記がないものは市道
施設名 接続路線名 大阪から
(km)
所在地
小方IC 国道2号 - 広島県
大竹市
大竹西IC 山陽自動車道
広島岩国道路
-
室の木IC 国道2号 - 山口県
岩国市
山手IC -
国道188号岩国南バイパス

沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]