コンテンツにスキップ

岩名泰得

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩名 泰得(いわな やすのり、1931年3月21日 - )は、日本ジャーナリスト政治運動家

経歴

[編集]

東京府北豊島郡石神井村(現・東京都練馬区下石神井)生まれ。早稲田大学に進み、在学中の1953年1月15日日本共産党に入党。党本部勤務員、東京・中央区委員会副委員長、東京・中部地区委員会常任委員を務めたのち、赤旗編集局に入局。校正部記者、整理部記者、外信部ハノイ特派員、外信部副部長、ブカレスト特派員などを歴任した。1984年7月15日、離党届を提出したが、1985年1月25日除籍された[1]

著作

[編集]

翻訳

[編集]

寄稿

[編集]
  • 「ベトナム人民の反撃(ハノイからの通信)」『前衛』 (341), pp.16-26, 1972-08
  • 南ベトナムの反チュー政治闘争の発展」『前衛』 (378), pp.210-216, 1975-01
  • 「新段階を迎えたラオス情勢(世界と日本)」『前衛』 (384), pp.199-202, 1975-07
  • 「元赤旗ブカレスト特派員が宮本共産党を告発! 『私のルーマニア警告はこうして無視された』」『サンデー毎日』1990年3月4日号
  • 「元『赤旗』ルーマニア特派員の『爆弾寄稿』『宮本顕治議長よ 誤りを認めよ』歴史に立ち遅れた日本共産党を徹底批判する」『月刊現代』1990年5月号

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]