岩切秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩切秀雄
いわきりひでお
生年月日 (1942-06-18) 1942年6月18日(77歳)
出生地 鹿児島県川内市
出身校 法政大学法学部通信教育課程
前職 薩摩川内市副市長
所属政党 無所属

当選回数 3回
在任期間 2008年11月7日 - 現職
テンプレートを表示

岩切 秀雄(いわきり ひでお、1942年昭和17年)6月18日 - )は日本の政治家鹿児島県薩摩川内市(3期)。

略歴[編集]

鹿児島県川内市に生まれる。1961年昭和36年)に鹿児島県立川内高等学校卒業後、1963年(昭和38年)旧川内市役所に入庁。1967年昭和42年)に法政大学法学部法律学科(通信教育課程)を卒業する[1]

企画財政部長、助役2004年平成16年)に市町村合併で誕生した薩摩川内市の副市長を歴任する。2008年(平成20年)の市長選挙に出馬し、初当選。

2016年(平成28年)、元市議の小田原勇次郎を破り3選[2]

原発への判断[編集]

川内原発の再稼動を容認しており、2012年(平成24年)10月の市長選では反原発候補を大きく突き放して再選を果たしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日経グローカル No.214(2013年2月18日付、自治体維新 首長インタービュー)
  2. ^ “薩摩川内市長に岩切氏が3選 原発容認派“最後の砦””. 産経新聞. (2016年10月25日). http://www.sankei.com/region/news/161025/rgn1610250012-n1.html 2018年4月24日閲覧。 

参考[編集]

外部リンク[編集]