岩倉ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩倉ダム
岩倉ダム
所在地 左岸: 長野県下伊那郡売木村
位置 北緯35度17分02秒
東経137度42分31秒
河川 天竜川水系岩倉川
ダム湖 岩倉貯水池
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 25.0 m
堤頂長 100.6 m
堤体積 19,000
流域面積 8.8 km²
湛水面積 6.0 ha
総貯水容量 435,000 m³
有効貯水容量 408,000 m³
利用目的 発電
事業主体 中部電力
電気事業者 中部電力
発電所名
(認可出力)
豊発電所
(14,500kW)
施工業者 清水組
着手年/竣工年 1936年/1938年
テンプレートを表示

岩倉ダム(いわくらダム[1])は、長野県下伊那郡売木村天竜川水系岩倉川に建設されたダム。高さ25メートルの重力式コンクリートダムで、中部電力発電用ダムである。同社の水力発電所・(ゆたか)発電所に送水し、最大1万4,500キロワットの電力を発生する。

歴史[編集]

木曽川の電源開発で功績を上げる福澤桃介は、矢作川水系や天竜川水系にも開発の手を伸ばす。彼によって設立された矢作水力は、天竜川水系和合川および売木川の水を利用した水力発電所・豊発電所の建設を計画。1935年昭和10年)10月22日に着工、1936年(昭和11年)12月26日に完成した。

豊発電所上流の岩倉川においては、岩倉ダムの建設工事が進められた。水不足への備えとしての発電用ダムである。貯えた水を必要に応じてダム直下に放流し、下流に位置する丸畑堰堤まで河川を流下させ、以降は専用の水路を通じて豊発電所まで導かれる。

岩倉ダムの建設工事は1936年に着工。建設工事にはのべ1000人もの人員を動員し、昼夜交代勤務で作業を続行。朝鮮人労働者も多く含まれていた。当時は各家庭電気が十分行き渡っていない時代であったが、工事現場は電灯で明るく照らされていたという。正確な着・竣工時期がはっきりしていないが、遅くとも工事終業式を催した1938年(昭和13年)3月までには竣工したとされている。

豊発電所を完成させた矢作水力であったが、日本発送電の発足に伴い解散。その日本発送電も戦後になって解体され、岩倉ダムほか豊発電所の設備は中部電力に引き継がれた。同社は発電所の自動化を進め、まず丸畑堰堤を1963年(昭和38年)3月に無人化。1973年(昭和48年)には豊発電所を無人化し、平岡制御所からの遠隔操作に移行した。岩倉ダムも1983年(昭和58年)に無人化された。2000年平成12年)には岩倉ダムのクレストゲート(水門)を撤去し、ゲートレスダムとなった。

2006年(平成18年)3月、中部電力は豊発電所の改修工事を終えた。従来は2台の横軸2射ペルトン水車発電機が設置されていたが、これを撤去し、1台の立軸6射ペルトン水車発電機へと更新。これによって最大出力は1万4,500キロワットに増強された。放水路には騒音対策としてゴムが設置され、発電時に発生する騒音を最大10分の1にまで減衰させることに成功している。

周辺[編集]

和知野ダム
和知野ダム
所在地 左岸: 長野県下伊那郡阿南町
位置 北緯35度17分55秒
東経137度47分22秒
河川 天竜川水系和知野川
ダム湖
ダム諸元
ダム型式 重力式
コンクリートダム
堤高 8.5 m
堤頂長 47.5 m
堤体積
流域面積 165.0 km²
湛水面積ha
総貯水容量 - m³
有効貯水容量 - m³
利用目的 発電
事業主体 中部電力
電気事業者 中部電力
発電所名
(認可出力)
和知野発電所
(6,300kW)
施工業者
着手年/竣工年 1938年/1939年
備考 出典[2]
テンプレートを表示

売木村役場から長野県道46号阿南根羽線を北上し、茶臼山温泉を過ぎて間もなく左折。岩倉川に沿って敷かれた道を進むと、岩倉ダムに着く。ダム湖畔にはキャンプ場がある。

豊発電所は岩倉ダムから売木川に沿って県道46号を東に進んだ地点(阿南町)にある。豊発電所で使用した水は和知野川(わちのがわ)に放流されるが、その水はすぐ下流にある和知野ダムにて再度取水され、和知野発電所へと送水されている。和知野ダムは高さ15メートル未満の重力式コンクリートダム()で、中部電力の発電用ダムである。矢作水力は豊発電所完成後の1938年(昭和13年)10月、和知野発電所の建設に着手。1939年(昭和14年)12月に完成させた。その後、日本発送電時代を経て、戦後は中部電力に継承。1973年(昭和48年)には豊発電所と共に無人化されている。発電所の出力は完成当時6,400キロワットであったが、1971年(昭和46年)の放水路改修工事に伴い、6,100キロワットに修正。現在では6,300キロワットとなっている。

脚注[編集]

  1. ^ ダム便覧では「岩倉」の読みを「いわくら」としているが、周辺の地名である「岩倉」の読みは「いわぐら」である[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]