岩井戸温泉 (福島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 岩井戸温泉
温泉情報
所在地 福島県双葉郡富岡町
交通 鉄道 : 常磐線富岡駅よりタクシーで約10分
泉質 単純炭酸鉄泉
泉温(摂氏 11 °C
宿泊施設数 3
テンプレートを表示

岩井戸温泉(いわいどおんせん)は、福島県双葉郡富岡町(旧国陸奥国明治以降は磐城国)にあった温泉

2011年3月に発生した福島第一原子力発電所事故の影響により警戒区域に含まれているため、以後、事実上来訪不可能の状態である。

泉質[編集]

  • 単純炭酸鉄泉

温泉街[編集]

山間部に3軒の旅館が存在する。歓楽的要素は全く無く、現在でも農閑期の湯治場として機能している数少ない温泉である。また、日帰り入浴も当地にある温泉旅館を利用することになる。

歴史[編集]

開湯伝説によれば、白鳥が傷を癒していた泉があり、それに入浴するようになったのが温泉の始まりである。

江戸時代には既に「相馬の湯」と呼ばれており、開湯はそれ以前と考えられる。

旅館などが出来たのは明治時代になってからである。

アクセス[編集]