岩井三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩井三郎(いわい さぶろう、1865年[1] - 1956年10月30日)は、1895年(明治28年)に創業された日本最古の探偵事務所「岩井三郎事務所」(現・株式会社ミリオン資料サービス)創業者。大正時代初期に起こったシーメンス事件の解決に寄与した探偵。なお、「岩井三郎」は明治時代の創業者から名前が3代継承された。

来歴[編集]

元警視庁警察官。司法主任として日清戦争当時にスパイの摘発を行った。退職後、私立探偵業として岩井三郎事務所を開業した。上述のシーメンス事件のほか、「花王歯磨密造事件」「古河炭鉱詐欺事件」「のちの満州馬賊伊達順之助による射殺事件」などの解決に寄与した。

2代目以降[編集]

2代目岩井三郎は第二次世界大戦後より弁護士業を兼務しながら1956年(昭和31年)まで事務所を営業。その後3代目岩井三郎に業務が引き継がれ、2年余りの期間警察予備隊情報将校を勤めた。

脚注[編集]

  1. ^ Webcat Plus

参考文献[編集]