岡野氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡野氏(おかのし)は、戦国時代から江戸時代にかけての武家。戦国時代末期に後北条氏に仕え、江戸期には徳川氏に仕え旗本となった。家系桓武平氏維将流北条氏支流で、鎌倉幕府得宗家の末裔という。家紋丸に酢漿草

概要[編集]

家伝によれば、中先代の乱を起こした北条時行の子孫が伊豆国田方郡田中郷[1]を領し、田中氏と称したという。泰行のとき小田原北条氏康に仕えた。泰行の子・融成(江雪斎)北条氏政に仕えたが、氏政の命により北条氏重臣・板部岡康雄の遺領を継ぎ、名字を板部岡に改めている。小田原征伐後には、融成は豊臣秀吉御伽衆となり、その命によって岡野氏を称した。秀吉死後は嫡男・房恒の仕えていた徳川家康方となった。

関ヶ原の戦いにおいては、融成は小早川秀秋を内応させるための交渉役として活躍した。岡野家は旗本として存続した。融成の嫡男・房恒の子孫は武蔵国都筑郡長津田村を代々領し、菩提寺は大林寺[2]。次子・房次の系統は相模国高座郡淵野辺村(現・相模原市)を領し、菩提寺は龍像寺。

田中泰行の娘(板部岡融成の姉)が徳川家康側室養珠院を産んだことにより、岡野房次が徳川頼宣に附せられ、岡野英明の四子・房明の家系が後に紀州藩家老連綿に取り立てられた。

系譜[編集]

*太線は実子、細線は養子。

田中氏
 高時
  ┣━━━┓
 時行  邦時
  ┣━━━┓
 輝時  行氏
  ┃
田中秀時
  ┃
 兼時
  ┃
 親時
  ┃
 勝時
  ┃
 泰行
  ┃
板部岡融成
岡野氏

※数字は本家(房恒系)家督順、丸数字は房次系の家督順

                  岡野融成(板部岡融成)
          ┏━━━━━━━━━┫
         房次       房恒1
          ┃     ┏━━━┫
         英明   成恒  成明2
  ┏━━━┳━━━┫     ┃   ┃
 重明 田中友明 貞明   成旭   房勝3
      ┃    ┃         ┃
    岡野信明 宗明       成方4
          ┃         ┃
         敬明       成路5
          ┃     ┏━━━╋━━━┓
         春明   成式7  成韶6  成信
          ┃
         融軽

脚注[編集]

  1. ^ 静岡県伊豆の国市田中山 ?
  2. ^ 神奈川県高等学校教科研究会社会科部会歴史分科会 『神奈川県の歴史散歩 上 川崎・横浜・北相模・三浦半島』 山川出版社、2005年、63頁。ISBN 978-4-634-24614-0

関連項目[編集]