岡谷光学機械

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡谷光学機械(おかやこうがくきかい、英名:Okaya Kōgaku Kikai K.K. )は長野県岡谷市[1]に存在したカメラメーカー、光学器械メーカーである。

カメラ製品一覧[編集]

カメラメーカーとしては一貫して35mmフィルム使用カメラを作っていた。 [2]。発売元は服部時計店で品質的に低くなく、中堅メーカーとして知られた[2]

  • ロード35ILord 35I 、1953年8月発売[1]) - 透視ファインダー、直進ヘリコイド、目測式[1]
  • ロード35IIALord 35IIA 、1954年11月発売[1]) - 距離計連動式、シャッターがMX接点付きとなった[1]
  • ロード35IVALord 35IVA 、1954年11月発売[1]) - ロード35IIAをフィルム巻き上げ式としたもの[1]
  • ロード35IVBLord 35IVB 、1955年発売[1]) - ロード35IVAのレンズをF2.8つきにしたもの[1]
  • ロード5DLord 5D 、1957年発売[1]) - レンズがハイコールF2に、シャッターはセイコーシャMXLになり、ファインダーにブライトフレームが組込まれた[1]
  • ロードSELord SE 、1958年4月発売[1]) - ボディーが大型化した。ロード5Dにパララックス自動補正が入り、ライトバリュー式単独露出計が内蔵された[1]
  • ロードSLLord SL 、1959年6月発売[1]) - ロードSEのレンズをF1.8に大口径化しセルフタイマー付きにしたモデルだが価格は据え置かれた[1]
  • ロードマーシャンLord Martian 、1960年発売[3]) - ロード35IロードSLの中間くらいに小型化された[1]。レンズは4群6枚のハイコール[3]40mmF1.8[3][1]


出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『クラシックカメラ専科No.3、戦後国産カメラの歩み』p.39。
  2. ^ a b 『クラシックカメラ専科No.3、戦後国産カメラの歩み』p.157。
  3. ^ a b c 『クラシックカメラ専科No.29、モダンクラシック』pp.14-15。

参考文献[編集]

  • 『クラシックカメラ専科No.3、戦後国産カメラの歩み』朝日ソノラマ
  • 『クラシックカメラ専科No.29、モダンクラシック』朝日ソノラマ