岡見京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
同医科大学で学んでいた、インド人ヒンドゥー教徒Anandi Gopal Joshiとシリア人イスラム教徒Sabat Islambouliと岡見(中央)。1885年[1]

岡見 京1859年[2]9月11日安政6年8月15日[3] - 1941年(昭和16年)[4][5][6]9月2日[3])は、日本出身の医師。ペンシルベニア女子医科大学卒業[5]。日本で初めて外国の医学校を卒業した女性[5]、あるいは日本初の女性の医学博士[6]として知られる。岡見京子(おかみ けいこ)[6]岡見ケイ子[5]、おかみ きょうこ[3]とも。戸籍名はけい[7]。旧姓西田[2]

日本で宣教していたメアリー・トゥルーの影響を受けてキリスト教に基づく医療を志し[4]、衛生園開業でもトゥルーの協力を得た[6]

生い立ち・経歴[編集]

南部藩の商人の父、西田耕平の娘として生まれる。母みよは武家の出で、京は幼少時、しばしばその江戸藩邸で過ごした[7]横浜共立女学校を卒業[5]竹橋女学校に入学[5]、英語教師として桜井女学校に就職[5][6][8]。1884年に岡見千吉郎と結婚[5]

1884年ミシガン農科大学で学ぶためにアメリカ合衆国に渡航した夫・千吉郎に続いて渡航し[7]、ペンシルベニア女子医科大学で学び、四年後にM.D.の学位を得る[5]。同年から東京慈恵医院で産婦人科[5]あるいは婦人小児科[9]の主任を務め、1892年に結核療養施設「衛生園」を開業[5]、1914年までに廃業[2]。以後家庭に入り[6]乳癌で死去[5]

私生活・家族[編集]

岡見はミッションスクールの横浜共立女学校在学中に洗礼を受け、夫の岡見とともにキリスト教徒だった[5][6]。同郷でやはりキリスト教徒の新渡戸稲造と親しくした[7]

娘・メレー、息子・清次を持った[7]。孫に北海道大学教授岡見吉郎がいる[4]

出典[編集]

  1. ^ http://xdl.drexelmed.edu/item.php?object_id=2373
  2. ^ a b c 三﨑 裕子 明治女医の基礎資料 日本医史学雑誌 第54巻第3号(2008)281–292
  3. ^ a b c 岡見京子(読み)おかみ きょうこ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  4. ^ a b c 知られざる留学第1号女医・岡見京 孫の教え子が調査し1冊の本に : 文化 : クリスチャントゥデイ 2016年5月18日23時39分 記者 : 新庄れい麻
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 酒井 シヅ 明治初期の女医 日本歯科医史学会会誌 3(1), 39-44, 1975-05-24
  6. ^ a b c d e f g 港区ゆかりの人物データベースサイト・人物詳細ページ (岡見京子)
  7. ^ a b c d e 松田, 誠 高木兼寛の医学 かつて慈恵に在学した興味ある人物 その四 慈恵病院女医第一号・ドクター岡見京子
  8. ^ 最高学部長 渡辺憲司のブログ「時に海を見よ その後」第106回 岡見京子 2018年9月2日 渡辺憲司 自由学園
  9. ^ 中西 良雄 震災実業救済会の成立過程 : 濃尾震災救援活動と社会事業(II) 愛知県立大学文学部論集. 社会福祉学科編 53, 107-128, 2005-03-31