岡田邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡田 邦彦(おかだ くにひこ、1955年 - )は、ハーバード大学研究員。早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授。

略歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身。1980年東京大学法学部卒業後、松下幸之助が創設した財団法人松下政経塾にエリート揃いと言われる[要出典]第1期生として入塾した。同期生には逢沢一郎野田佳彦小野晋也横尾俊彦、らがいる。

松下政経塾を卒塾後、同塾の職員として入職し、塾主担当、主幹、塾頭を歴任。後輩の育成に努めた。一方で彼が塾頭を務めた時の塾生には政治家が少ないといわれる。他方で、松下政経塾の卒業生の中で群を抜いた哲学者とも評されることもあり[要出典]、また、松下政経塾を政界デビューのショートカットとして利用する風潮とは明確に一線をなし、故松下幸之助が著した「人間とは何か」の公案に自らの活動を通じて取り組む。

現在、アメリカ合衆国のハーバード大学ケネディスクールの研究員、早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授を務める。

外部リンク[編集]