岡田英津也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田 英津也 (岡田 悦哉)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県和気郡和気町
生年月日 (1930-01-01) 1930年1月1日
没年月日 (2018-08-11) 2018年8月11日(88歳没)
身長
体重
167 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手内野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

岡田 英津也(おかだ えつや、1930年1月1日 - 2018年8月11日)は、岡山県和気郡和気町出身の元社会人野球選手(捕手内野手)・コーチ監督

本名及びかつての登録名は「岡田 悦哉」。

来歴・人物[編集]

関西高時代の3年次の1949年春の選抜へ出場し、1回戦で高松第一高に敗退。高校卒業後は明治大学を経て、丸善石油に入社。都市対抗には4年連続出場(1957年 - 1960年)を果たし、選手兼任監督として1959年にはチームと四国勢を初優勝に導く。1961年にはJABA九州大会JABA伊勢大会優勝と産業対抗野球準優勝に導くが、1962年11月に母体の経営立て直しのため公式戦出場の辞退を発表し休部したため[1]、同年退社。在任中は西三雄種茂雅之岩上江笠を送り出した。

1963年からは創設1年目の丸井初代監督に就任し、公式戦第1戦の明治生命戦を難なく勝利。その後も日本鋼管三協精機ヤシカなどの強豪を相手にして、都市対抗一次予選までに18勝15敗4分の成績を残した。迎えた一次予選では初日第1試合で明電舎と対戦するも、戦前からの古豪を前に敗退。2年目の1964年は幸先よく関東選抜大会に優勝した後、日本石油いすゞ自動車などの強豪を相手に勝利。都市対抗一次予選までに21勝18敗3分を挙げ、一次予選では2回戦に進出。熊谷組と対戦したが、延長12回引き分け。翌日の再試合で敗れ、敗者復活戦でも東京ガスに敗退。その後の産業対抗では立正佼成会戦で8回2死まで小川健太郎にパーフェクトで抑えられ、ようやく代打がヒットを放つも太刀打ちできなかった。「社業拡大」に伴い同年で解散し、チームは僅か2年で幕を閉じたが、関西高の後輩である大杉勝男佐藤玖光をプロに送り出した。後に日本文理で監督を務めた大井道夫も在籍していた。

丸井廃部後は1965年に1年だけ銚子商業高コーチを務め、斉藤一之監督の下、同年の夏の甲子園準優勝と岐阜国体優勝に貢献。1966年には大東文化大学初代監督に就任し、首都大学リーグで1年目秋季から一部に昇格させ、1967年退任。銚子商業高では木樽正明阿天坊俊明、大東文化大では鈴木照雄島津佳一を送り出した。

1968年根本陸夫監督の招聘でプロ球界に進出し、広島二軍バッテリーコーチに就任。1970年には二軍監督としてチームを指揮し、2年ぶりのウエスタン・リーグ優勝に導く。その後は二軍バッテリーコーチ(1971年1973年 - 1974年)、一軍バッテリーコーチ(1972年)を務めた。広島時代にはキャンプ練習計画を任されると、2時間ぶっとおしのキャッチボールを組み、根本を驚嘆させた[2]

広島退団後はクラウン→西武二軍監督(1978年 - 1984年)・中国地区担当スカウト(1985年 - 1986年)、中日二軍監督兼寮長(1987年 - 1989年)・関東地区担当スカウト(1990年 - 2001年)を務めた。西武時代は二軍監督として3度のイースタン・リーグ優勝(1981年1983年 - 1984年)に導き、1979年には二軍の単独チームとして日本球界では初の海外キャンプをグアムで行った。到着した2月21日は深夜のグアム国際空港ロビーで大勢の関係者やファンの出迎えを受け、花束贈呈やミス・グアムからの歓迎のキッスを受けた。初日こそ全員でグアム島の観光を行ったが、2日目からはホテルからバスで約15分程の場所にあるパセオ球場を拠点に練習を開始。毎日午前10時のランニングで練習が始まり、その後の基礎練習を終えると投手陣は投げ込みと守備練習、野手陣は守備の特訓と打撃の特打を行った。午後2時半までグラウンドで汗を流し、練習時間は短いが、3月19日のキャンプ打ち上げまでの約1ヶ月間は休日無しのぶっ通しで鍛えた。地元のケーブルテレビ局らも、連日取材にやって来た。帰国後は4月19日のイースタン・リーグトーナメント記念大会・ヤクルト戦(後楽園)で球団初の優勝に導き、投げては池田弘がヤクルト打線を3点に抑え、打っては加倉一馬の3ラン本塁打はじめ長短12安打で9点を取った。岡田は選手達から胴上げをされ、喜びを隠しきれなかった。1981年には新人の小野和幸に年間70試合の3分の1近くである33試合も登板するチャンスを与え、イースタン年間最多記録の15勝を挙げさせ、小野は「和製バレンズエラ」と注目された[3]。スカウト時代は根本の「腹心中の腹心」として黄金時代を築く人材を集め、中日時代は明大の後輩である星野仙一監督を支え、二軍監督としてはウエスタン・リーグ2連覇(1987年 - 1988年)に導き、スカウトとしてはトレード・スカウティング等の編成強化に大きく貢献。明大の後輩・川上憲伸を獲得した。中日退団後はアスピア学園・関西野球専門学校講師(2002年)を経て、2003年からは阪神で星野と再び師弟コンビを組み、関東地区担当スカウト非常勤顧問に就任。星野がその手腕を若手幹部に伝えるべく招聘され、鳥谷敬の入団に尽力した。

2018年8月11日、肺炎のため東京都三鷹市の病院で死去[4]。88歳没。

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 66 (1968年 - 1974年、1978年)
  • 63 (1979年 - 1981年)
  • 85 (1982年 - 1984年)
  • 70 (1987年 - 1989年)

脚注[編集]

関連項目[編集]