岡田直之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岡田 直之(おかだ なおゆき、1933年 - )は、日本の社会学者。専門領域はマスコミ論・世論研究。世論の概念をめぐって議論を概括し、量的世論調査においてもその概念を問うことの意義を主張した。現在名は高橋直之東京出身。

略歴[編集]

1951年千葉県立佐倉第一高等学校(現千葉県立佐倉高等学校)卒業、1956年東京教育大学(現筑波大学文学部卒業、1961年東京大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程満期退学、1962年成城大学文芸学部講師、助教授、教授、1991年-2003年東洋大学社会学部教授。1994年「マスコミ研究の視座と課題」で東洋大学社会学博士(高橋直之)。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マスコミ研究の視座と課題』(東京大学出版会, 1992年)
  • 『世論の政治社会学』(東京大学出版会, 2001年)
  • 『現代社会におけるマスコミ・世論の種々相』(学文社, 2005年)ISBN 4762013676

共著[編集]

共編著[編集]

訳書[編集]