岡田町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
おかだちょう
岡田町
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 知多市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
知多郡
面積 4.06km2.
総人口 5,490
(1950年10月1日[1]
岡田町役場
所在地 愛知県知多郡岡田町字段戸5
 表示 ウィキプロジェクト

岡田町(おかだちょう)は、愛知県知多郡にかつて存在した。現在の知多市中部に該当する。

かつては木綿の産地、集積地、販売で栄えた町である。

概要[編集]

  • 江戸時代初期、知多半島で生産された木綿は伊勢へ移出され、晒されて伊勢晒や松阪晒の名で販売されていた。天明年間に尾張藩の命で中島七右衛門が晒技術を習得。以降は知多晒[2]として各地で販売された。岡田はその集積、販売の拠点であった。かつては大規模な工場も存在していたが衰退し、小規模な工場のみである。
  • 現在も、かつて木綿で栄えた商人や豪農の建物が多く残っている。

歴史[編集]

学校[編集]

  • 岡田町立岡田小学校(現・知多市立岡田小学校)
  • 岡田町立岡田中学校(1958年に旭中学校と統合し。現・知多市立知多中学校

神社・仏閣[編集]

  • 岡田神明社
  • 慈雲寺

参考文献[編集]

  • 岡田町誌編さん委員会 『岡田町誌』 知多市教育委員会、1990年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県郡市町村勢要覧(愛知県総務部統計課 1951年10月刊行)
  2. ^ 知多半島産の晒木綿。手ぬぐいや絞り染めの地に用いられる。現在は知多木綿ともいう。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]