岡田スタッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡田牧雄から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

有限会社岡田スタッド(おかだスタッド)は、北海道日高郡新ひだか町(旧静内町)静内目名にある[1]競走馬サラブレッド)の生産、育成を行う牧場である。

歴史[編集]

1972年[2]、岡田蔚男により岡田蔚男牧場として開設され、1984年に蔚男の次男である岡田牧雄が経営を引き継いだ[2]際に岡田スタッドと改称した。

牧雄が牧場を引き継いでしばらくしてから育成に力を入れるようになり、牧場の規模を拡大した。2011年時点では分場として日高町にオカダスタッド[1][2]、新ひだか町にノルマンディーファーム[1][2]を有する。

代表者[編集]

  1. 岡田 蔚男(おかだ しげお) - 創業者。長男ビッグレッドファームサラブレッドクラブ・ラフィアンを設立した岡田繁幸で、そのに岡田美佐子、にサラブレッドクラブ・ラフィアンの現代表の岡田紘和がおり、岡田牧雄は次男にあたる。
  2. 岡田 牧雄(おかだ まきお、1952年 - ) - 2017年現在の代表者。北海道出身。兄が独立したために牧場を引き継ぐことになった。株式会社レックス代表取締役社長でもある。

蔚男、牧雄とも日本中央競馬会 (JRA) に登録されている馬主である。牧雄が使用している勝負服の柄は水色、白山形二本輪だが、この柄は父から引き継いだものである。

主な生産馬[編集]

岡田蔚男牧場[編集]

岡田スタッド[編集]

主な繋養馬[編集]

  • アサヒブライト(繁殖牝馬。トーセンブライトの母)
  • ペイパーレイン(繁殖牝馬。マツリダゴッホの母)[2]

主な所有馬[編集]

岡田牧雄名義の馬には株式会社レックスのオーナーズクラブ「PRO」の所有馬が含まれる[3]

その他[編集]

岡田蔚男の長男・繁幸が所有した1986年日本ダービー2着馬・グランパズドリームは、馬名を日本語に訳すと「おじいちゃんの夢」となるが、この「おじいちゃん」とは蔚男の意である([1] )。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2011年06月29日 帝王賞(中央交流) Jpn1 優勝馬:スマートファルコン” (日本語). 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所 (2011年). 2012年1月29日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 村本浩平 (2008年). “ファームレポート(20) 第52回有馬記念(グランプリ)優勝馬「マツリダゴッホ」のふるさとを訪ねて 【岡田スタッド】(新ひだか町)” (日本語). エンタメワールド. アンサーコーポレーション. 2012年1月29日閲覧。
  3. ^ a b c 2010年08月15日 北九州記念 G3 優勝馬:メリッサ” (日本語). 重賞ウイナーレポート. 競走馬のふるさと案内所 (2010年). 2012年1月29日閲覧。
  4. ^ サウンドトゥルーが突き抜けGI・3勝目!/JBCクラシックnetkeiba.com、2017年11月3日閲覧
  5. ^ サウンドトゥルー”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度21分51秒 東経142度24分10.1秒