岡田朝太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 朝太郎(おかだ あさたろう、慶応4年5月29日1868年7月18日) - 昭和11年(1936年11月13日)は、日本法学者。専門は刑法

経歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『日本刑法論』(1894年、総則之部 訂正増補3版1895年、各論之部 訂正増補再版1895年
  • 『刑法講義』(1903年
  • 『比較刑法』(出版年不詳)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  2. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  3. ^ 『官報』第967号「叙任及辞令」1915年10月21日。

参考文献[編集]