岡田希雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 希雄(おかだ きゆう[1]1898年明治31年)3月15日 - 1943年昭和18年)[2]1月31日)は、日本国語学者国文学者辞書学者

来歴[編集]

京都府葛野郡七条村(現在の京都市下京区)に農家の服部家の次男として生まれる。名は市治郎。3歳でを亡くし、5歳でを亡くした後、乙訓郡久世村(現在の京都市南区)にある曹洞宗鷲尾寺住職である岡田希僊に引き取られる[3]1904年(明治37年)に養子として入籍し、1910年(明治43年)に得度を受けて「希雄」と名前を改め、翌年3月に僧籍に登録された。

1915年(大正4年)に京都府立京都第二中学校を卒業後、第三高等学校に入学する。1918年(大正7年)に同校を卒業後、京都帝国大学文学部に在籍して国文学を専攻する。1921年(大正10年)に卒業後[4]、同大学の大学院に進学する[5]

1928年(昭和3年)に立命館大学予科講師[6]1941年(昭和16年)に同大学教授になったが、翌年に病気を理由に休職する。1943年(昭和18年)に死去、46歳。

生前に蒐集していた蔵書は国立国会図書館に「岡田文庫」として整理されている。

業績[編集]

岡田は地味ながら実直な学者として知られていた。学問に対する態度は徹底的な実証主義で、「洵に微に入り細を穿ちて、周到精査を極め、国語学界において殆ど他の追従をゆるさない程」[7]で、「あまりに専門的であり徹底的である」[8]と評されるほどであった。発表論文には論証における思考過程を省略せず、「何に迷い、何に気づいたか」を丁寧に記している。

研究対象は広範囲にわたり、和歌説話などの文学作品の書誌・作品・作者に関する綿密な考証のほかに、『和名類聚抄』や『類聚名義抄』などの古辞書について書誌学的考証を重ねた。その中でも辞書史の研究は「前人未到の境地を拓いた」と評価されている[9]

著書[編集]

岡田が発表した論文は150近くに及ぶが、生前に著書は一冊も出していない[10]。以下は全て没後のものである。

  • 『類聚名義抄の研究』(一条書房1944年全国書誌番号:46024318NCID BN0129473X。)
京都帝国大学時代の恩師や学友らが、岡田が生前に発表した『類聚名義抄』に関する雑誌論文をまとめて刊行したもの。編集責任者は澤瀉久孝。岡田が雑誌本体から自分の論文を切り取って保存していたものを基としている。原本と位置づけられる「図書寮本」の発見により、ほとんどの説が改訂されることになった。
上記の基盤となっている手沢訂正論文を影印復刻したもの。編集責任者は神鷹徳治。丹念な誤植の訂正、新たな知見による補訂など、原案を留めないほどの添削のあとがある。

脚注[編集]

  1. ^ 遺著である『類聚名義抄の研究』の奥付には「まれお」の仮名が振られているが、『国語学大辞典』(東京堂出版1980年)や『日本語大事典』(朝倉書店2014年)などの専門辞典では「よしお」とされる。
  2. ^ 『国語国文』第13巻4号(1943年)の「岡田希雄氏略歴」では「昭和十七年」と記されている。
  3. ^ 希僊の妻が母方の縁者にあたるため。
  4. ^ 卒業論文は「源俊頼歌学
  5. ^ 成績優秀のため、研究費は免除されたという。
  6. ^ この他にも龍谷大学西山専門学校で教鞭を取っていた。
  7. ^ 新村出「序」『類聚名義抄の研究』4頁
  8. ^ 藤井乙男「序」『類聚名義抄の研究』2頁
  9. ^ 山田忠雄は『近代国語辞書の歩み』の中で「この分野における最も多彩なる活動を行ったのは生来の病弱にめげず克く斯学の進歩に生命を燃焼した岡田希雄であった」(1766頁)と好意的に評価しており、『類聚名義抄の研究』のほかに「代表作として今日でも遺芳の薫るのは『国語学国語学史の書誌学的研究』『支那撰述部首分類辞書史概説』『鎌倉期の語原辞書名語記十帖に就いて』『元祿期の辞書界』『五十音分類体辞書の発達』『連歌辞書史の概觀』『新譯華嚴經音義私記倭訓攷解説』『国語学史上に於ける仏者の業績』『二卷本世俗字類抄攷』等の雄篇である」(1767頁)としている
  10. ^ これは喜田貞吉の「一度著書に出してしまうと正誤はできないが、雑誌論文ならば以前の考え違いを訂正できる」という姿勢に倣ったという。

参考文献[編集]

  • 「岡田希雄氏追悼記事・岡田希雄氏発表論文目録」『国語国文』第13巻4号、1943年
  • 「故岡田希雄教授追悼録」『立命館大学論叢』第12輯(国語漢文篇、第3号)、1943年
  • 山田忠雄『近代国語辞書の歩み―その摸倣と創意と―』上下巻、三省堂1981年
  • 国立国会図書館編『国立国会図書館所蔵個人文庫展(その2)―古典籍探求の軌跡―展示会目録』国立国会図書館、1983年
  • 国立国会図書館『人と蔵書と蔵書印―国立国会図書館所蔵本から―』雄松堂出版2002年
  • 小林恭治「〈日本語史〉岡田希雄『類聚名義抄の研究』」『日本語学』第26巻5号、明治書院2007年