岡田宜法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岡田 宜法(おかだ ぎほう、1882年4月7日-1961年12月29日)は、日本の仏教学者曹洞宗僧侶駒澤大学学長。

略歴[編集]

明治15年(1882年)4月7日、埼玉県北足立郡共和村(現、鴻巣市)に生まれる。同村の雲祥寺にて出家。

明治39年(1906年)に曹洞宗大学林(現、駒澤大学)を卒業し、布教使となり各地を歴訪。世田谷中学(現、世田谷学園)教頭を経て、大正14年(1925年)に駒澤大学教授に就任。昭和19年(1944年)に『日本禅籍史論』で文学博士となる。

戦後は、昭和22年(1947年)から28年(1953年)まで駒澤大学長となる。

昭和36年(1961年)12月29日に遷化。

著作リスト[編集]

  • 『禅学綱要』(貝葉書院、1909年)
  • 『禅と人生』(一喝社、1909年)
  • 『承陽大師御伝記講話』(一喝社、1918年)
  • 『禅学概論』(甲子社、1930年)
  • 『禅学研究法と其資料』(代々木書院、1931年)
  • 『曹洞宗概論』(東方書院、1931年)
  • 『曹洞宗教理概説』(代々木書院、1932年)

博士論文[編集]

  • 『日本禅籍史論』(井田書店、1943年、文学博士、駒澤大学)

論文[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
駒澤大学長
1947年-1953年
次代: