岡田国神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田国神社
Okadakuni jinja.JPG
所在地 京都府木津川市木津大谷105
位置 北緯34度43分45秒
東経135度49分29秒
主祭神 生国魂命
菅原道真
社格 式内社(大)
郷社
創建 斉明天皇5年(659年
本殿の様式 春日造
例祭 10月21日
主な神事 蒲団太鼓台祭
テンプレートを表示

岡田国神社(おかだくにじんじゃ)は、京都府木津川市(旧相楽郡木津町)にある神社である。式内社で、旧社格郷社

祭神[編集]

生国魂命と菅原道真を主祭神とし、八幡神気長足仲彦命気長足姫命誉田天皇)を配祀する。岡田国神社の元々の祭神は生国魂命である。菅原道真は平安時代より祀られるようになったもので、当社は江戸時代までは天神宮・木津駅惣社天神社と称していた。

境内[編集]

  • 1983年(昭和58年) - 4万坪の境内地の一部が日本住宅公団に買却され、その代金によって新社殿が建立された。
  • 1988年(昭和63年) - 旧社殿一式が京都府登録文化財となった。

歴史[編集]

社伝では、斉明天皇5年(659年)9月、生国魂尊を祀ったのに始まると伝えられる。国史の初見は、『日本三代実録貞観元年(859年)正月27日条の当社に従五位上の神階を授けるという記述である。延喜式神名帳では大社に列している。

平安時代、天神信仰が高まり、当社に菅原道真(天神)が合祀され、以降、天神宮と呼ばれるようになった。天慶元年(938年)11月、相殿の八幡宮が創建された。

明治6年(1873年)5月に郷社に列格した。明治11年(1878年)3月、当社が式内・岡田国神社であると国により確定され、岡田国神社に改称した。なお、岡田国神社については勝手神社(木津川市加茂町大野)境内末社の春日神社も論社となっている。

アクセス[編集]

  • 木津駅から徒歩約15分
  • コミュニティバスで川原田停留所下車、徒歩約8分
  • 参道の跨線橋手前に駐車場あり

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]