岡田ひとみ (ねんドル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おかだ ひとみ
岡田 ひとみ
プロフィール
生年月日 1980年11月7日
現年齢 40歳
出身地 日本の旗 日本群馬県
血液型 O型
活動
活動期間 1998年 -
他の活動 タレントねんど職人、エデュテインメントアーティスト
事務所 株式会社チーズ
公式サイト ひとみュータント ねんど+アイドル=ねんドル
アイドル: テンプレート - カテゴリ

岡田 ひとみ(おかだ ひとみ、1980年11月7日 - )は、日本タレントねんど職人、エデュテインメントアーティスト。群馬県出身[1]。血液型はO型。所属事務所は株式会社チーズ。

略歴[編集]

1998年に、文化放送の番組『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』の「クラブちゃぱらっち」オーディションで芸能界デビュー。

活動休止期間を経た後、2002年よりねんど職人+アイドル=「ねんドル」というカテゴリーを確立し[1][2]、楽しみながら学べる幼児教育を目指す。コンセプトアイドルの先駆け的存在。コック風の衣装を身につけ、粘土で食べ物の精密な模型(ミニチュアフード)を制作するという職人技を見せる。特に秋刀魚は秀逸。

2003年からは、キッズステーション『ピアブーランド(ねんどdeクッキング)』、フジテレビポンキッキーズ21』、BS日テレそれいけ!アンパンマンくらぶ』などの子供向け番組を中心に出演。

2006年、ベネッセコーポレーション知育玩具「クリエイティブ クレイ ワールド」に「ねんどの達人」として出演、造形にも携わる。

2007年、愛知県刈谷市で史上初となる600人規模のねんど教室を開催。

2009年、サンリオピューロランドにおいて「ねんどdeミニチュアフード体験スタジオ」を監修。

2010年、ぐりんぱにおいて「ミニチュアねんど教室」を監修。また全国で親子向けエンターテイメント型ねんど教室を展開し、同年夏にねんど教室参加者が2万人に達する。それを記念し、子どもたちと著名人によるボトルキャップを使ったねんどの作品展を開催する。

2011年、被災地や病院、カンボジアの孤児院などでも積極的にワークショップを行う。同年、日本記念日協会に申請し、9と01で「クレイ」と読む語呂合わせから9月1日を『ねんどの日』に制定。

2012年、アメリカシンガポールの幼稚園でねんど教室を開催。同年11月、表参道ヒルズのギャラリーでねんドル10周年の個展を開催。また、小林カツ代により結成されコシノジュンコが団長を務める神楽坂女声合唱団に入団。茶道のDVDブック『北見宗幸DVD茶道教室-裏千家』で点前をするなど、その活動はねんどに留まらない。

2013年、ケニアマサイ族にねんどを指導。4月からNHK Eテレの『ニャンちゅうワールド放送局』でおねんどお姉さんとして出演。

2014年、台湾でも書籍『黏土偶像岡田瞳的魔法黏土世界』が発売開始。世界で人気 "Play-Doh" の『きほんのセット』を監修。

2015年、イラストレーターのHORY'S.祝勝と制作した『ねんドル岡田ひとみ』LINEクリエーターズスタンプが登場。『ニャンちゅうワールド放送局』から生まれた『ニャンちゅうおねんど 白』『ニャンちゅうカラーおねんど』も発売。単身ニューヨークやサンフランシスコへ行きアート教育を視察、自らワークショップも開催。ジャカルタで開催されたIndonesia ComicConに出演。NHK Eテレでおねんどお姉さんの特番が放送される等、注目が高まる。

2016年、カレンダー『おねんどお姉さんの世界ねんど遺産』を発売。KADOKAWA『きゃらぷち』で連載中。越後製菓干支のキャラクター鏡餅4種を監修[3]

2017年、NHKのスペシャルステージ『ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合』に出演。銀座LOFTの情報発信をサポートするために結成された「TEAM LOFT」の一員になる。「アルチンボルド展」に作品5点が展示される。国立西洋美術館で現存する作家では異例。国立科学博物館の「深海2017」では、ダイオウイカのねんど作品が展示される。裏千家茶名、宗瞳(そうどう)を拝受する[3]

2018年、郵政博物館で開催した個展に10,000人以上が来場。NHKハート展に参加、作品が全国で展示される。東京大学の教授で定量生命科学研究所の所長である白髭克彦とのコラボレーション、サイエンスねんど教室を開催。ねんど作品がイオンの15種類ある写真年賀状になる[3]。群馬県で開催された英語イベント、TEDxGKAでゲストスピーカーとしてスピーチをする[4]

2019年、成田市文化芸術センターで12回目の個展を開催。同年4月、保育雑誌『ひろば』(メイト)で連載スタート[3]東京大学にて白髭克彦教授とねんど教室を開催[5]。欧州分子生物学機構(EMBO) のワークショップのポスターにも作品が採用される[6][7]

2020年、愛知教育大学にて『形状記憶合金LABO おどるパンケーキ』発売記念イベントを開催[8][9]。また、チェリオコーポレーションと協力し、こどもが楽しくのめる飲料の商品監修とパッケージデザインを手掛ける[10][11]など、ねんどを軸に活躍の場を広げている。

Eテレ『ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!』に、おねんどお姉さんとして継続して出演中[3]

ねんど教室では年間10,000人以上に直接指導し、子どもたちの創造性や想像力を育てる活動に力を入れている。

人物[編集]

創造性と食育を伝えるため教育学などを学び、特に「親子向けねんど教室」に力を注ぐ。子供から大人まで楽しめるねんど教室を定期的に主催している[5][9][12]。海外でも五大陸20都市以上で開催する[3][13]など、こどもたちの創造性や想像力を育む活動に力を入れている。

資格はチャイルドマインダー、チャイルドケアオブザーバー、小児MFA、日本赤十字社救急法救急員、食育インストラクター。趣味は篠笛茶道

作品[編集]

造形(提供)[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

書籍[編集]

  • 岡田ひとみのねんどでミニチュアクッキング(2005年7月、メディアファクトリー[14]
  • ねんドル岡田ひとみのねんどでミニチュアフードのお店やさん(2007年3月、PHP研究所[15]
  • ねんドル岡田ひとみのねんどで食育!ミニチュアフード図鑑(2009年3月、ダイヤモンド社[16]
  • 親子で楽しむ!プチスイーツ♥アクセサリー(2009年4月、春日出版)[17]
  • ねんドル岡田ひとみの魔法のねんどワールド(2009年7月、じゃこめてい出版)[18]
  • ねんドル岡田ひとみのねんどでミニチュア パリスイーツ(2010年7月、主婦の友社[19]
  • さんすうねんど(2011年2月、小学館[20]
  • 北見宗幸DVD茶道教室―裏千家 (DVDブック)(2011年10月、山と渓谷社)[21]
  • ねんどでミニチュア コースターに飾る季節の小物(2012年11月、主婦の友社[22]
  • ねんドル岡田ひとみの はじめてのねんど 子供とつくる年中行事(2013年2月、鈴木出版[23]
  • 『コップのフチ子ポストカードブック 』(2013年6月、パルコ出版[24]
  • ねんどのひとみお姉さんとつくる ときめくちいさなお菓子のくにの会(2015年、フェリシモ
  • ねんドルキャットひとミィの まほうレストラン(2017年、学研プラス[25]
  • 裏千家 茶道ハンドブック(2019年、山と溪谷社[3][26]
  • ねんどのケーキ屋さん 『ねんどでつくる! 小さなたべもの屋さん』シリーズ(2019年10月、汐文社[27]
  • ねんどのパン屋さん 『ねんどでつくる! 小さなたべもの屋さん』シリーズ(2019年12月、汐文社[28]
  • ねんどのカフェ『ねんどでつくる! 小さなたべもの屋さん』シリーズ(2019年12月、汐文社[29]

雑誌連載[編集]

個展[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 『北見宗幸DVD茶道教室』山と溪谷社、2011年10月、p.126
  2. ^ a b c d e 『さんすうねんど』小学館、2011年2月、p.80
  3. ^ a b c d e f g h i j 岡田ひとみ プロフィール”. 岡田ひとみ 公式サイト. 2019年2月12日閲覧。
  4. ^ TEDxGKA”. 2019年2月12日閲覧。
  5. ^ a b adiqb1. “第2回 東京大学定量研サイエンスねんど教室 | 東京大学 定量生命科学研究所” (日本語). 2020年4月2日閲覧。
  6. ^ Organization of bacterial and eukaryotic genomes by SMC complexes”. meetings.embo.org. 2020年4月2日閲覧。
  7. ^ 岡田ひとみ『EMBO workshop in Viennaを終えて。』” (日本語). 岡田ひとみオフィシャルブログ「子どもねんどギャラリー」Powered by Ameba. 2020年4月2日閲覧。
  8. ^ 2020年2月2日 「おねんどお姉さん」としてEテレに出演中のねんドル岡田ひとみさん来学!「ねんど×かがく つくって学ぼうin愛知教育大学...” (Japanese). www.aichi-edu.ac.jp. 2020年4月2日閲覧。
  9. ^ a b 岡田ひとみ『愛知教育大学でねんど教室!』” (日本語). 岡田ひとみオフィシャルブログ「子どもねんどギャラリー」Powered by Ameba. 2020年4月2日閲覧。
  10. ^ チェリオ×ねんドル岡田ひとみ「マジカルドリンク なちゅりんご」特設ページ” (日本語). チェリオ×ねんドル岡田ひとみ「マジカルドリンク なちゅりんご」特設ページ. 2020年4月3日閲覧。
  11. ^ 子どもたちに大人気のねんドル岡田ひとみさんとコラボレーション!“青い”りんご飲料「マジカルドリンク なちゅりんご」新発売”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2020年4月3日閲覧。
  12. ^ “[https://www.inacity.jp/koho/pressrelease/pressrelease_201611/PR281117.files/PR281117nendo.pdf 伊那市創造館体験教室・ねんドル岡田ひとみさんの 「ねんどでミニチュアクッキング」]”. 2020年4月4日閲覧。
  13. ^ (日本語) ねんど教室 in ザンビア Clay workshop in Zambia, https://www.youtube.com/watch?v=iVfg9x5rJ1s 2020年4月3日閲覧。 
  14. ^ Okada hitomi no nendo de minichua kukkingu : Oyako de tsukurō. Okada, Hitomi., 岡田, ひとみ. Tōkyō: Media Fakutorī. (2005). ISBN 4-8401-1282-7. OCLC 676420006. https://www.worldcat.org/oclc/676420006 
  15. ^ Nendoru okada hitomi no nendo de minichua fūdo no omiseyasan. Okada, Hitomi., 岡田, ひとみ. Tōkyō: PHP Kenkyūjo. (2007). ISBN 978-4-569-65984-8. OCLC 675986982. https://www.worldcat.org/oclc/675986982 
  16. ^ Okada, Hitomi.; 岡田ひとみ. (2009). Nendoru okada hitomi no nendo de shokuiku minichua fūdo zukan. Tōkyō: Daiyamondosha. ISBN 978-4-478-00837-9. OCLC 316829439. https://www.worldcat.org/oclc/316829439 
  17. ^ Okada, Hitomi.; 岡田ひとみ. (2009). Oyako de tanoshimu puchi suītsu akusesarī : jushi nendo de tsukuru hajimete no minichua. Tōkyō: Kasugashuppan. ISBN 978-4-86321-152-0. OCLC 319499075. https://www.worldcat.org/oclc/319499075 
  18. ^ Okada, Hitomi.; 岡田ひとみ. (2009). Nendoru okada hitomi no mahō no nendo wārudo. Tōkyō: Jakometeishuppan. ISBN 978-4-88043-413-1. OCLC 427329289. https://www.worldcat.org/oclc/427329289 
  19. ^ Okada, Hitomi.; 岡田ひとみ. (2010). Nendoru okada hitomi no nendo de minichua pari suītsu : makaron ekurea mirufīyu kizzu mo jōkyūsha mo muchū. Tōkyō: Shufu no Tomosha. ISBN 978-4-07-272773-7. OCLC 647076728. https://www.worldcat.org/oclc/647076728 
  20. ^ Sansū nendo : Sūryō zukei ni tsuyokunaru. Okada, Hitomi., 岡田, ひとみ. Tōkyō: Shōgakukan. (2011). ISBN 978-4-09-217276-0. OCLC 751998089. https://www.worldcat.org/oclc/751998089 
  21. ^ Kitami, Sōkō.; 北見宗幸. (2011). Kitami sōkō dībuidī chadō kyōshitsu : urasenke. Tōkyō: Yamatokeikokusha. ISBN 978-4-635-03519-4. OCLC 756583478. https://www.worldcat.org/oclc/756583478 
  22. ^ Nendo de minichua kosuta ni kazaru kisetsu no komono.. Okada, Hitomi., 岡田, ひとみ. Shufunotomosha. (2012.12). ISBN 978-4-07-286597-2. OCLC 825192606. https://www.worldcat.org/oclc/825192606 
  23. ^ Nendoru okada hitomi no hajimete no nendo : Kodomo to tsukuru nenju gyoji.. Okada, Hitomi., 岡田, ひとみ. Suzukishuppan. (2013.2). ISBN 978-4-7902-7235-9. OCLC 840099366. https://www.worldcat.org/oclc/840099366 
  24. ^ Koppu no fuchiko posutokado bukku, Tanaka, Katsuki, 1966-, Ikeda, Masanori., タナカ, カツキ, 1966-, 池田, 晶紀, Kitan kurabu., 奇譚クラブ, Paruko entateinmento jigyobu, (2013.6), ISBN 978-4-86506-016-4, OCLC 855415966, https://www.worldcat.org/oclc/855415966 2020年4月3日閲覧。 
  25. ^ Nendoru kyatto hitomii no maho resutoran.. Iriyama, Satoshi, 1958-, Okada, Hitomi., 入山, さとし, 1958-, 岡田, ひとみ. Gakkenpurasu. (2017.11). ISBN 978-4-05-204711-4. OCLC 1012741837. https://www.worldcat.org/oclc/1012741837 
  26. ^ Urasenke chado handobukku.. Kitami, Soko., 北見, 宗幸. Yamatokeikokusha. (2019.2). ISBN 978-4-635-49036-8. OCLC 1089659846. https://www.worldcat.org/oclc/1089659846 
  27. ^ Okada, Hitomi.; 岡田ひとみ. (2019). Nendo no kēkiyasan : shōtokēki monburan hoka. Tōkyō: Chōbunsha. ISBN 978-4-8113-2649-8. OCLC 1134986690. https://www.worldcat.org/oclc/1134986690 
  28. ^ Nendo no pan'yasan : Meronpan kurowassan hoka.. Okada, Hitomi., 岡田, ひとみ. Chobunsha. (2019.10). ISBN 978-4-8113-2647-4. OCLC 1127886856. https://www.worldcat.org/oclc/1127886856 
  29. ^ Nendo no kafe : Makaron pankeki hoka.. Okada, Hitomi., 岡田, ひとみ. Chobunsha. (2019.12). ISBN 978-4-8113-2648-1. OCLC 1137753167. https://www.worldcat.org/oclc/1137753167 
  30. ^ 岡田ひとみ『KADOKAWA「キャラぱふぇ 5-6月号」発売中!』” (日本語). 岡田ひとみオフィシャルブログ「子どもねんどギャラリー」Powered by Ameba. 2020年4月3日閲覧。
  31. ^ CORPORATION, KADOKAWA. “キャラぱふぇ Vol.49 2015年 7-8月号”. KADOKAWAオフィシャルサイト. 2020年4月3日閲覧。
  32. ^ ひろば 2019年4月号 (2019年03月01日発売)”. 2020年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]