岡澤伸夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡澤 伸夫(おかざわ のぶお、1944年12月10日 - )は、日本のプロスキーヤー。父は岡澤吉夫

来歴[編集]

東京都出身。中学、高校、大学を通して競技スキー、全日本選手権、全日本学生選手権等に出場。

世界で初めての月刊スキー雑誌「スキージャーナル」発刊準備に伴い同社へ入社、フランス駐在特派員としてフランス、オーストリア、イタリア等ヨーロッパ各国のスキー場をまわり大会の写真と記事を日本に送る。また現在のワールドカップの前身でもあるクラシック3大大会を始め有名なスキー場はほとんど滞在しコースを滑る。
  • 1975年(昭和50年)、イタリアスキー教師協会の招聘によりイタリアへ、オリンピック委員会よりイタリア国家検定スキー教師資格取得。
以降、メーカーサイドでスキー、ブーツ等用具の開発に従事する一方で日本フランススキースクールを開設、またフランスよりフランス国立登山スキー学校(E.N.S.A)校長J・フランコを始め教授数人を日本に招聘。
さらにフランスアルプス開発協会の招きで12ヴァレーやティーニュ、レザルク、フレーヌ等新しいタイプのスキー場の実地踏査としてほとんどのコースを滑るなど国内・国外を問わずスキー文化の普及・発展に大いに貢献している。

出演[編集]

  • 「スキーにして」TBS(1994年)

著書[編集]

  • 「アヴァルマン テクニック」 スキージャーナル社(1972年)
  • 「岡澤伸夫のスキーテクニック」 有紀書房(1981年)

主な契約先[編集]

CM・広告等[編集]

外部リンク[編集]